音楽catsuどう?

catsuのブログです。暇つぶしのお役に立てれば・・・。ライブ情報なんかもこちらから発信しますので、たまにチェックを

2016年 神戸24時間リレーマラソン 後編

続きを書きます。


今回こそは、カトルス星人のまま走り切ってやると思っていたものの、やはり体力的・精神的にもきつくなり、泣く泣くカトルス星人とはしばしおさらばすることに。それでもなんとか、100km、10時間30分は粘った。昨年に比べたらかなりの進歩だ。

14時間経過。
received_1037719186322130.jpeg
後続に差を詰められる。前日しっかり寝たはずなのに、睡魔に襲われる。再び差を拡げるためにも走らなくちゃいけないのに、眠くてふらふらして足が進まない。

じゃあ仕方ない。少し横になる。

received_1037719189655463.jpeg

16時間経過。
received_1037719196322129.jpeg
やはり、休憩が多かったせいか、ついに首位陥落。このままずるずると後退していくかと、周りも僕もそう思っただろう。
しかーし、一回眠って目が覚めて、意識がすっきりすると、無くなりかけた戦闘意識がみごとに復活してくれていた。

3時前から5時過ぎまでの150分ほど。ほぼ、無休で走り続けた。
この時間帯は、おそらく僕一人だけスピード感が違ったはずだ。あ、もちろん、リレーの人たちは相変わらずのダッシュでびゅんびゅん飛ばしてましたが。

18時間経過。
received_1037719206322128.jpeg
首位に返り咲く。2周ほど差は付いたが、まだまだセーフティーリードとは言えない。残り、6時間逃げ切れるか。

まだ早朝だというのに、太陽が出たとたんに、もうこの汗。
received_1037719199655462.jpeg
とてもじゃないけど、このまま、仮の地球人姿で行くことに。

時折、あれ、そういえばカトルス星人どこ行った?なんて声が聞こえてくる。
ここにいるよ~!と言いたいのを我慢して、黙々と周回を重ねる。

20時間経過。
received_1037719226322126.jpeg
残り4時間、まずまずのリードかな。と思いつつも、一寸先にいつ闇が襲ってくるかが分からないのがこのレースの怖いところ。水分、食糧を補給しながら、走る、走る、時おり歩く、を繰り返す。200kmまで、あと25km。歩きっぱなしにさえならなければ、達成できる距離だ。

21時間経過。
received_1037719742988741.jpeg

22時間経過。
received_1037719752988740.jpeg
ここでもまだリードを保てている。
脚もなんとか動くし、内臓系もへたってない。このままあと2時間、絶対逃げ切れるだろうと確信した。

ここまでの闘いを振り返ると、そりゃいろいろありました。いろんな想いが錯綜して、頭の中は、そう、こんな感じ。

received_1037719749655407.jpeg
イチゴオレさんのテントの中の様子。軽いカオス。
テーブルの上には、あの、スポーツが好きだ!のエアーサロンパスがあるではないですか!今回、学んだことは、エアーサロンパスは筋肉疲労に効果があるだけではなく、コールドスプレーのような冷却効果もあるということ。全身にかけまくったら、だいぶヒンヤリしてくれた。真夏の大会にはなんともありがたいアイテムだ。


ついに23時間が経過。
received_1037719746322074.jpeg
ここからの1時間は、ウイニングランの気分で走った。歩いた。あれほど、早く終わってくれと思ってたのに、終わってしまうのが残念でならない。

そして、正午。24時間が経過。
最後の一周だけは再びカトルスで。


記録、205,7km。一位。
まだまだいけたかもしれませんが、200km超えの目標は達成できたし、まあ満足してます。
表彰式。
received_1037719826322066.jpeg

もう立ってるだけでクラクラする熱気。

received_1037719849655397.jpeg
副賞でなにがもらえるんだろうと淡い期待を抱いてましたが、もらえたのはバスタオル一枚。一瞬、え、それだけ?って泣きたくなりましたが、いやいやいや。我々が走るのは、決して賞品なんかが目当てなんじゃない!ヘンタイの称号と栄誉がいただければそれで十分じゃないか。しかも、名だたるヘンタイの皆さんのトップになれたわけですから。


received_1037719816322067.jpeg

あー、疲れました。


catsu

スポンサーサイト
  1. 2016/08/16(火) 08:59:35|
  2. 歌うアスリート

FC2Ad