音楽catsuどう?

catsuのブログです。暇つぶしのお役に立てれば・・・。ライブ情報なんかもこちらから発信しますので、たまにチェックを

沖縄本島一周サバイバルラン2015 回想記③

高江の集落から東村までは下り基調のコースだ。
必要以上に膝に負担をかけないように細心の注意を
払いながら、孤独な夜道を下る。
星がきれいだ。月もきれいだ。あと数日で満月を迎えるだろう。
でもあまりよそ見をしながら走ることはおすすめできない。
ちょっとした凸凹で転んだり、脚をひねったり、
側溝に落ちたりといろんな危険が潜んでいる。

月明りで、山々が遠くまで見渡せる。
人っこ一人いない、そんな時間が長い。
僕は何でここにいるんだろう。
何で走っているんだろう。
一体誰がこんな過酷なコース設定をしたんだろう。

有り余る時間に、禅問答も続いていく。
でも、考える気力もほとほとない。
早く横になりたい。
とりあえず、次のチェックポイントまではたどり着きたい。
その一心で、終わらない山道を進む。

東村の海沿いに出てからはしばらく
平坦なコースが続く。
ここで稼がなきゃと思いつつも、
山道続きの後では入る力もろくに入らない。

ふと前を見ると、一台の車が
ハザードをつけて、停車している。
そして、ヘッドライト化懐中電灯を
振り回して、その存在を僕に示している。
あ、私設エイドか?

やはりそうだった。
途中でリタイアしたランナーが
レンタカーを借りて、応援に来てくれたのだ。
嬉しすぎる。

このペースなら、チェックポイント間に合いますよ!!

とりあえず励ましてくれる。
そして、おむすびとコーラをいただく。
もちろん、このへんの出費も彼らのポケットマネーだ。

その心遣いに、胸が熱くなる。
ゆっくりいろいろ話もしたかったけど、
これから先待ち受ける山道を考えると
少しでも先に進んでおかなくてはいけない。

僕は感謝を告げ先を急いだ。
220km地点、東村役場あたりを過ぎ、
辺野古のコンビニまでの30kmを目指す。

一時間ほど進み、軽く仮眠をとることに。
が、寒くて寝られない。
でも、目をつむって意識を休めることに。
震える。もっと防寒対策してくればよかったと後悔。

10分ほどで再び走り出す。
案の定、体はガチガチで、左膝の痛みもひどい。
右膝も痛みが出てきて、両足ともくるぶしから下が痛い。
とても走れる状態じゃないのは確かだ。
だけど、ここで歩き続けたら残り60km以上、
チェックポイント到達も難しくなるのも確かだ。
騙し騙しまた先を目指す。
5kmほど進んだ頃、またきつい登りがやってきた。
痛みも更に増し、踏ん張りが全くきかなくなった。
おそらく230km地点前後、僕は本気でリタイアを覚悟した。

東京を出る前、多くの人に、絶対完走してくると
啖呵を切ってきたものの、こんなやんばるの山中で
無念のリタイアなのか。
ここまで走ってきた距離を考えると、
絶対にやめることなんかしたくない。
でも、同様に残りの距離を考えると、
この脚の状態では正直厳しいと思う。

御守りのため、と持っていた
緊急連絡先の書かれたカードを手にする。
ここまでよくがんばったよ。
自分に言い聞かせてみる。

悔し涙がとめどなく溢れてくる。


本当にもう走れないのか?
再び自問自答してみる。

走れないかどうかわからないけど、
まだやめたくない。
時間はまだ12時間30分ちょっとある。

絶対次のチェックポイントまで到達しよう!
そう言ってたランナーの言葉を思い出す。
みんな限界を超えて、それでもその執念だけで
走り続けている。ならば僕もここでもう一度
限界を忘れて走ってみなくては。

手にしたカードを再びしまい、「
山道を走りだす。
一度覚悟を決めると不思議なもので、
しばらくすると痛みがすーっとひいていった。

こんな奇跡ってあり!?
これならまだいけるはず。
いいペースでピッチを刻み続ける。
また一つ峠を越え、ほっと一安心した時、
前方に停車する車を発見。

こういう辛いときに現れてくれるなんて
なんてスーパーマンなんだろう。

おむすびを二ついただく。
コーラを二杯飲み干す。

ここから辺野古のコンビニまで17kmらしい。
時刻はちょうど日付が変わったぐらい。
3時間もあれば到着できるだろう。
一度横になり、再び走り出す。
多少のアップダウンはあるけど、
今まで越えてきた山々に比べたら屁でもない。
ほぼ平坦な道を淡々と進む。

基地問題で物議を醸している
キャンプシュワブ脇を通り、長い登りを越え
国頭以来、実に110kmぶりのコンビニへ。

22日(日) 午前3時5分。辺野古のコンビニ250km地点に
無事到着した。私設エイドと、サポーターの皆さんが
温かく迎えてくれる。嬉しすぎる。
段ボールを敷いて、しばし仮眠をしようとした矢先、
冷たい雨に降られる。
寒い。寒すぎる。
車の助手席に避難させていただく。
暖房をマックスにして、バスタオルにくるまり
眠りに落ちる。

続く


スポンサーサイト
  1. 2015/11/26(木) 11:50:03|
  2. 音楽catsuどう?

FC2Ad