音楽catsuどう?

catsuのブログです。暇つぶしのお役に立てれば・・・。ライブ情報なんかもこちらから発信しますので、たまにチェックを

つはもの

最近は、防寒して走るのが億劫なので、
寒い日は、もっぱらジムのランニングマシーンを使ってます。

冬でも、半袖で走れちゃうのが魅力です。


最初は、ハムスターになった気がするので、
あのベルトコンベアーの上を走り続けることに
抵抗感がありました。

それに加え、風も来ないし、
景色も変わらないし。


でも、よく使うようになってから
結構いい点にも気づきました。

冬でも半袖で走れることに加え、

・雨でも濡れない
・アスファルトより足にやさしい
・一定のペースで走る練習ができる
・傾斜をつけることができる
・急にお腹が痛くなってもトイレに困らない
・テレビが見れる

などなど。

まあテレビが見れるとはいっても、
大体いつも映像だけ見ながら、音楽聞いてます。
それでも大体番組の内容が分かっちゃうんですから、
いかにテロップが多いかというのが分かります。


で、ここからが本題です。


ランニングマシーンの近くに、
乗馬スタイルのマシーンがあるんですが、
分かりますか、あの、ロデオみたいなやつです。

調節可能な暴れ馬マシーンとでも言いましょうか、
その暴れ馬マシーンにまたがって、
読書をしている人を見かけたのです!!!

僕は一瞬目を疑いました。


が、その人は、淡々と、
そう、公園のベンチでゆったり座ってるかの如く
10分~15分程度読書を続けたのです。


僕はあまりの衝撃に
笑いをこらえるのに必死でした。

いや、こらえられず、にやにや笑いながら、
「あれは、ありえないだろう!」
などと独り言をもらしながら
走ってました。

そんな僕も客観的にみたら
だいぶおかしかったはず・・・。



でも、暴れ馬の上で読書する人、いますか!!?

写真とか動画とかで残しておきたかったな~、あの光景。

あと、そんな強者に
どうしたら暴れ馬の上で本が読めるのか、
そのメカニズムも教えてもらえばよかったな~、
なんて思ってます。


そうそう、思い出しました。
カンボジアのシェムリアップからタイの国境まで乗ったバス。
あの道は最強の悪路でした。

トランポリンみたいに、跳ねる跳ねる。
何度も何度も頭をぶつけました。
それが延々、数時間つづいたわけですから、
気が狂いそうにもなりました。


でも、やっぱりいたんです。


そんな絶望的ともいえる状況で
淡々と読書をする欧米の旅行者が・・・。


彼も相当なつわものだったに違いない・・・。


catsu
スポンサーサイト
  1. 2012/03/09(金) 10:41:07|
  2. どうでもいいこと

FC2Ad