音楽catsuどう?

catsuのブログです。暇つぶしのお役に立てれば・・・。ライブ情報なんかもこちらから発信しますので、たまにチェックを

第21回秋田100kmマラソン

昨日行われた第21回秋田100キロマラソン。

昨年は、フランスに留学してたので、2年ぶり3回目の出場となりました。


過去2回の記録は

第18回大会、9時間18分
第19回大会、9時間5分


というわけで、今年はサブナイン、
9時間切りを目標にしました。


どんなにゆっくり走ろうと思っても
後半には足が動かなくなることは
過去2回の経験で分かっていたので、
今回は前半から突っ込んでいくことにしました。

そうそう、その前に、もう少し補足説明。

この100kmマラソン、すごいのは距離だけじゃないんです。
500mの峠越えまでついてるんです。

スタートしてから、アップダウンを繰り返しながら、
40km地点過ぎで最高地点560mを迎えます。

そこを結構なペースで突っ込んでみました。
最初の10kmを約46分。
次の10kmを約47分。
次の10kmも約47分。

ここまで30kmを約2時間20分ぐらいで通過。

でも、2週間前のメドックマラソンの
ダメージが抜けきらないからか、25km過ぎたぐらいから
足に違和感が。

後半に一抹の不安がよぎります。


ここから急激に登りが始まるんですが、それでも
40km通過が3時間13分。

それからもう少し登りが続いて、
ようやく下りの始まりです。

でも、もうすでに足が軽く悲鳴を上げ始めていて、
そこにきて、下りの衝撃も加わり、50km手前にして、
暗雲がかなり濃く立ち込めてきました。

自分の意志とは裏腹に、
足が動かなくなってリタイアも余儀なくされるかも、
と3回目の100km挑戦にして初めて思いました。

もちろん歩いてでも完走はしたい、と思いましたが、
残り50kmを歩いてはさすがに間に合わないかなと・・・。


そんなマイナス思考にとらわれながらひたすら山を下っていくと、
見えてきました、中間点のエイドステーションが。

過去2回はかなり余裕をもってたどりついたこの中間点なんですが、
今年は、勝手が違いました。
両足だけじゃなくて、両手も軽く痙攣していました。


ここで念入りにストレッチをしたり、エアーサロンパスを
両足にしっかり噴霧していただいたりしました。
その甲斐あってか、とりあえず行けるところまで行こう。
と、モチベーションを取り戻すことができました。


とにかく後半は我慢との闘いでした。
顔をあげて走ることもままならず、
ほとんど景色を見る余裕がなかったのですが、
うつむき加減で走ってたことは、逆に
お馬さんの顔が沿道の方たちにしっかり見えてよかったみたいです。
(こんな感じ。)

100km.jpg
(どこまでも続く1本道。85km前後の一番つらいポイントの一つ。)

それでも何とか、沿道の皆さんの応援、
エイドステーションのボランティアの皆さんの励まし、
車で通り過ぎる人たちの、馬を見たときのリアクション。

いろいろなものに支えられて
何とかゴールできました。
正式タイムはまだ分かりませんが、
大体8時間56分。
目標の9時間は切れました。

100km finish


ゴール後、アイシングをしながら、
完走者の皆さんと少しお話をしましたが、

「あの馬にだけは負けたくねぇ~」

とのこと。


周りのランナーにもモチベーションを
おすそ分けできたのではないかと自負しております。笑


こうなると、来年以降の自分へのハードルをどうしようか。
早くも頭を悩ませております。


2年ぶりに前夜祭のバーベキューで再会したみなさん。
今年もごちそう様でした。
また来年、楽しみにしています。


catsu
スポンサーサイト
  1. 2011/09/26(月) 23:47:13|
  2. 歌うアスリート

FC2Ad