音楽catsuどう?

catsuのブログです。暇つぶしのお役に立てれば・・・。ライブ情報なんかもこちらから発信しますので、たまにチェックを

牡蠣の季節

食の秋到来です。
夏の暑さがなくなって、ちょっと
落ち込み気味の、夏オトコな僕ですが、
次々と襲ってくる秋の味覚の誘惑のおかげで、
多少元気を取り戻しつつある今日この頃です。

今日の食材は、牡蠣です。
栄養豊富で、かつ低かろりーな、何とも嬉しい
食べ物です。しかし、何を隠そう、僕は昔、
いや、昔というよりつい最近まで大の牡蠣嫌い
だったのです。小さいころ、両親に無理やり
食べさせられたその苦い経験がずっと尾を
引きずっていたのです。いまでも食べるのは
生牡蠣だけで、それもちゃんと貝のついたもの、
という風に限定しています。それとフライはどうも
まだ好きになれません・・・。

牡蠣の旬ですが、本当に美味しいとされるのは
11月から2月ごろだそうです。逆に食べては
いけないとされるのは、5月から8月までで、よく、
“Rのつかない月はあたるから食べてはいけない”
と言われます。でも、5月から8月までということは
つまり、1年のうちの実に4分の1に相当する時間、
牡蠣を食すことができないということです。
これって、牡蠣好きの人にとっては大問題だと
思いませんか?僕はそう思います。
にわか牡蠣ファンの分際でおこがましいとは承知です・・・。

そこでです。ひとつ新たな方法を考えました。
“Rのつかない月・・”、のところを、“Rのつかないとき・・”
という風に、解釈の幅を少し広げてみたらどうかと。
その新解釈に従うと次のようになります。

本来なら食べてはいけないとされる
5月から8月の間でも、まず、
6,7,8月は食べられるようになります。
この3ヶ月はそうです、夏です。summeです。ちゃんとRがついていますね。
では5月の1ヶ月だけがまんすればいいのでしょうか?
いや、それは違いますね。だって皆さんがまんできますか?
安心してください。ちゃんと考えてあります。
5月でも、毎週木・金・土曜日には食べられます。
(※thuRsday, fRiday, satuRday)

週3日も食べられれば満足ですって?
それでは中途半端です。ここまでがんばってきたのも
台無しです。この際、はっきりいいましょう。
ちゃんと毎日食べられます。大丈夫です。
ただし、日・月・火・水曜日に食べてもいいのは
お日様が出ているとき、と限定されます。
夕方以降は残念ですがダメです。諦めてください。
理由は以下の通りです。

午前・・・moRning
午後・・・afteRnoon
夕方・・・evening
 夜・・・night


くだらないことにだいぶエネルギーを使いました・・・。笑


catsu


(※ 5~8月がダメだとされる本当の理由は
この時期、牡蠣の産卵期にあたり、産卵期の牡蠣は
身がやせ細り、体力が落ち、食中毒菌に感染しやすく
なるからです。どんなに今日の文章に納得されたと
しても、やはり5~8月の牡蠣は遠慮することを
お勧めします。)
スポンサーサイト
  1. 2006/10/11(水) 11:04:23|
  2. どうでもいいこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuraikatsuyuki.blog50.fc2.com/tb.php/63-ad50b3fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad