FC2ブログ

音楽CATSUどう?

CATSUのブログです。暇つぶしのお役に立てれば・・・。ライブ情報なんかもこちらから発信しますので、たまにチェックを

加藤登紀子さんほろ酔いコンサート

一昨日、有楽町の読売で、
加藤登紀子さんのほろ酔いコンサートを観てきました。

知人から招待いただいた席は、
下手、最前列、から2つ目。
そこによしあきと2人で座ったのでした。


コンサートが始まり、何曲目かで、
加藤さんがステージ上から客席に下りてくるではないですか。
僕らの前の2つの席は誰も座ってなかったので、
階段を下りてくる加藤さんと、真っ先に対峙する形になる。

高倉健さんと共演されたときの
映画の曲を歌ったあとだったので、
そこの若いの、高倉健さんを知ってるか?
と、そんなふうに話を振られました。

最近だと、鉄道員(ぽっぽや)などで
拝見しました。と答えると、

じゃあ、あの映画はどうだ?
この映画はどうだ?
と、矢継ぎ早に、高倉健さん出演の映画のタイトルが
飛んできました

ほとんど知らなかったので、
すいませんが、全然しりません。
と答えると、

そうよね、最近の子はしらないわよね。
と納得されたようで、

じゃあ、隣のあなたは知ってるかしら?


と、こともあろうによしあきにその話題を
振ったのでした。
(やっぱり僕より年上に見えたということでしょう。)


慌てて僕が、
彼は僕より3つも下なんです。
と答えると、

「え~~~ーーーっっっ!!」

と、会場全体にこだまする加藤さんの驚嘆の声。
そして、それに呼応するかのように、客席のいたるところで
どよめきが起こった・・・。



というのは冗談ですが、
加藤さん、多少なりともびっくりされていたようでした。


「それでは、せっかくだから何かリクエストにお応えしようかしら」

と、加藤さんが言うと、

みなさん思い思いの曲を口にして叫んでいました。


まさか僕には振られないだろうなと
高をくくっていたのですが、
ステージに戻る階段の前に来たところで、
再び加藤さんと目が合いました。
そして、

「あなた、何かリクエストは?」


と。



加藤登紀子さんとは、今年のパリ祭で
ご一緒させていただいていました。
かといって、加藤さんが僕を覚えてくださっている
可能性はかなり低いように思われました。
でも、なんとかその事実だけは間接的にでも
お伝えしておこうと、知恵を振り絞り、


「水を流して」

と、僕は加藤さんに向かって言いました。


パリ祭で加藤さんが歌われた曲は
「100万本のバラ」
ピアフの曲の、
「水に流して」
だったのです。

「100万本のバラ」はすでにプログラムにも記載されていたので、
後者の「水に流して」の方を選びました。


でも、そのまま言っちゃ、つまらない。
2000人の観客を後ろにした、この緊張状態に
あっても、僕の芸人魂がハードルを上げようとするのです。
どうしよう、どうしよう・・・。

そして瞬間的に口から出たのが


「水を流して」

という言葉だったのです。



トイレの張り紙か!


という突っ込みは、さすがに返っては
きませんでしたが、少しの間をおいて、


なんだ、「水に流して」のことね。
と分かっていただけました。


僕のこのボケを、
わざと間違えたんだ、と分かってくれた人が
加藤さんを含めて、どれだけいらっしゃったかわかりませんが、

いつかまた加藤さんにお会いすることがあったときに、

「ほろ酔いコンサート千秋楽に、『水を流して』といった者です。」

とお伝えできればいいなと思います。



しかもです、嬉しいことに、2部が終わって
何曲かアンコールが続いたのですが、
その中に、入っていたんです!

「水を流して」、

じゃない、

「水に流して」が!!


ちょっと嬉しくなって終演後お礼に行こうと
思ったのですが、サイン会に長蛇の列ができていたので
次の用事のこともあり、泣く泣く会場を後にしたのでした。


加藤登紀子さん。

第2回のシャンソンコンクールのグランプリを
受賞されているんです。



またどこかでお会いできればいいなと思っています。


catsu
スポンサーサイト



  1. 2009/12/30(水) 13:52:46|
  2. どうでもいいこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuraikatsuyuki.blog50.fc2.com/tb.php/509-86ccd222
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)