音楽catsuどう?

catsuのブログです。暇つぶしのお役に立てれば・・・。ライブ情報なんかもこちらから発信しますので、たまにチェックを

干からびたミミズをみて思うこと

一昨日雨が降りましたが、
昨日の朝にはやんでいました。

すがすがしい朝だったので、いつもどおり
荒川に走りに行きました。


そこで目にしたのは、
土手の上のアスファルトの道に
おびただしい数のミミズが干からびている
光景でした。

中にはまだ苦しそうにもがいているミミズも
いましたが、彼らの命がもはや風前の灯で
あることは明らかでした。

そんなミミズの死骸を踏まないように
走りながら僕なりに分析してみました。


ご存知の通り、ミミズの体はヌメヌメしていて、
乾燥には弱く、普段は湿気のある土の中で
活動をしています。
でも雨が降ると、外界も濡れるので
ミミズたちも外に繰り出せるようになります。

一面のみずみずしい世界を前に、ミミズたちも
テンションが上がるのでしょう。
晴れた日中では決してやらないこと、
例えば、アスファルトの道を横断してみたくなるのです。

土の中では決して味わうことのできない
アスファルトの感触に酔いしれているうちに
いつしか時を忘れて、そのまま眠りに
落ちてしまうのでしょう。

気がつけば夜は明け、雨も上がり
東から太陽が昇ってきます。

照りつける日差しに、
「このままでは干からびてしまう!
そうなる前に土の中に帰らねば!」
と思うのですが、乾燥したアスファルトの道を
這うのは容易ではないのです。

やがて力尽き、アスファルト上で
干上がってしまうのでしょう。


このことから僕が学んだのは、
それは過信をするな、ということです。

身のほどを知れ、とも言えるでしょうか。


これから干からびたミミズを見るたびに、
そのことを肝に銘じたいと思います。


さて、明日は「牛すじのPot-au-feu Vol.2」です。


え、聞いてない、なんて言わないでくださいね。

ちなみにこういうことをなんて言うか知ってますか?


「寝耳にミミズ」



なんちゃって。



では明日1時半にお待ちしています。


catsu

スポンサーサイト
  1. 2009/06/18(木) 09:55:50|
  2. どうでもいいこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuraikatsuyuki.blog50.fc2.com/tb.php/404-8a65f114
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad