音楽catsuどう?

catsuのブログです。暇つぶしのお役に立てれば・・・。ライブ情報なんかもこちらから発信しますので、たまにチェックを

100キロマラソン

参加してきました。


結果は、


完走!!


し、しかも密かに目標としていた
「サブテン(10時間を切ること)」
も同時に達成してしまいました。


記録は僕の手元の時計でですが、


9時間18分30秒


自分でもびっくりな結果です。




スタートは午前五時。
気温は5度。
半袖では明らかに寒い。

先週、神戸で31度だったのが嘘みたいな寒さだ。

1500人のランナーが一斉にスタートを切る。
一斉にとは行っても、だいぶ縦に長くなってるから
スタートゲートを通過するまでにちょうど1分かかった。

最初の10キロの通過はちょうど1時間。
抑えに抑えて入った。

20キロの通過は1時間56分。

このあたりから雨が降り出した。
結局80キロ地点ぐらいまで雨が
降ったりやんだりの天気だった。

「何でこんな雨の中、遠く秋田の地まで来て、
俺は一人で走っているんだろう・・・?」

そんな思いが何度と脳裏をよぎった。

でも、4~5キロごとにある、
エードステーション(休憩所)の皆さんや、
沿道で声をかけてくださるみなさんの応援に
僕は力をもらって走り続けた。

30キロの通過は2時間53分。

35キロ過ぎから急激なのぼりに入る。

スタートからの標高差500m。
一気に駆け上る。

上りは膝に対する衝撃が少ないので、
僕はピッチを上げて飛ばした。

40キロの通過は3時間47分。

フルマラソンと同じ距離の
42.195キロの通過がちょうど4時間だった。

そしてここから50キロ地点までは
今まで上ってきた分を駆け下りる。
調子に乗って飛ばすと、膝にものすごいダメージが
くることを知っていたから、なるべく飛び跳ねないように
注意しながら走った。

50キロの通過は4時間38分。
中間点ということもあって、ひときわ大きな声援を受ける。
あと、半分。
まだ、半分。
複雑な気持ちで、後半戦に挑む。

60キロ地点の前後から雨がかなり本格的になる。
寒いとは思わなかったが、でもおなかが冷えるのだけが
怖かった。

60キロの通過は5時間27分。

70キロの通過は6時間20分。

このあたりで僕は10時間を切れることを確信した。
しかし、今思えばこの中盤で飛ばしすぎた。
もうちょっと抑えていれば、ラスト20キロでもうちょっとがんばれたのかも。

このままいけば間違いなく10時間は余裕で切れる、とは
思ったものの、「このままいく」というのがそう簡単なことでは
ないことをすぐに思い知らされる。

身体のいたる箇所が疲労に耐え切れず悲鳴をあげ始めたのだ。


筋肉ならまだいい。
でも、関節や筋がやられ始めると、
士気にもだいぶ影響がでてくる。

エードステーションで止まるごとに、
エアーサロンパスをかけて、あとは
ひたすら痛みをごまかしながら走った。

案外、痛みというのは忘れられるものなのだ
ということを僕は身をもって学んだ。

もうこれ以上ペースをあげる事は無理だと悟った僕は、
残り20キロを、10キロ1時間のペースで持ちこたえる作戦に変更した。

80キロの通過は7時間15分。

90キロの通過は8時間17分。


もう足の自由は完全に失った。
エードステーションで飲食物を補給している間も
まともに直立していられない。

最後10キロは、あとは気力だけで走った。

なんともいえない境地だった。

普段何気なく走っている10キロという距離。
こんなに苦しんで走るのはもちろんはじめてだった。
だからこそ、最後ぐらいは景色を楽しんで走ってやろうと思った。
もちろん楽しむ余裕なんてなかった。
でも、楽しんで走るふりだけでもしようと思った。

巨大な太鼓に迎えられて
僕はゴールテープを切った。
手元の時計で9時間18分30秒。


もうこんな苦しい思いはしたくない・・・。

少なくともここ1週間は。


来年ももちろんでます!
一緒に出ませんか?


いい思い出ができました。


秋田の皆さん、どうもありがとうございました。


catsu
スポンサーサイト
  1. 2008/09/29(月) 10:45:02|
  2. どうでもいいこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuraikatsuyuki.blog50.fc2.com/tb.php/283-db7cd6f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad