FC2ブログ

音楽CATSUどう?

CATSUのブログです。暇つぶしのお役に立てれば・・・。ライブ情報なんかもこちらから発信しますので、たまにチェックを

やっぱりパリ

あさ、時差ぼけもなくほぼ普通どおりに目が覚める。
とは言っても僕が起きたころには友達は仕事に出かけていた。

テーブルの上には、合鍵と、三時のおやつのありかが
かかれたメモ帳がおいてあった。

鍵はあったけど、そんなメモ帳は置いてなかった・・・。

あ、ついでにひとつここで豆知識を紹介します。
フランスではおやつは三時ではなく四時が一般的です。
日本より一時間遅いんです。
以上。本題に戻ります。


カフェを飲みながら、ゆっくりとこれから何を
しようか考える。
そしてすぐに答えは出た。

パリの街をとことん歩き回ってやろう。

そう決めた僕は小さいほうのリュックに
必要なものを詰め込み、ヘッドフォンでフランスの歌を
聴きながらパリの街へ繰り出した。

友達のアパートはバスティーユ広場からそう遠くない
ところにある。まずはバスティーユまで歩いてそれから
セーヌ川まで歩いた。時間にして15分ぐらい。
地図で見るより意外に近かった。

セーヌ川でしばし僕は足を休めた。
もちろん15分少々で疲れたわけじゃない。
体内のアルコールが切れたわけでもない。
両足の靴紐がからまったわけでもない。

どうやら僕はセーヌを見ると無性に
もの思いにふけりたくなるらしい。

思えば・・・。
思えば、初めてフランスに来たのは
2000年の9月のこと。当時の僕は17歳。
それから実に7年以上が経っていた。

しかも、最初の3年半の間に、留学した1年も含めて
5回もフランスに足を運んでいたのに、その後の3年半は
ずっとフランスから遠ざかっていたのだ。

この後半の3年半の間に、フランスという存在は
確実に僕から遠ざかっていっていた。ホストファミリーや
友達との連絡も疎遠になり、それにともない、フランス語も
確実にへたくそになっていったと思う。

それにさらに追い討ちをかけるかのような近年のユーロ高。
とてもじゃないけどヨーロッパなんて行ってられないよ。
だったら背伸びしないでアジアの国に行くよ。
いつの間にか僕はそう思うようになっていた。
最悪、新婚旅行までフランスはお預けかなとも覚悟していた。笑

そこへ今回突然舞い降りてきたフランス往復の航空券という賞品。
これは目に見えない何かの力が、僕とフランスとをくっつけようと
したに違いない。勝手に僕はフランスの愛を感じた。
(・・・そして夜、そのおかえしに僕は、ワイン、チーズ、パン、
フランスの三種の神器を優しく胃袋で包みこんだ・・・。)

何より僕はフランスにまた戻ってこられたというだけで嬉しかった。
フランスの空気を吸っていられるというだけで十分だった。
どれぐらいだろう。ただひたすら僕は流れゆくセーヌ川を眺めていた。

結局この日は6時間ほどパリの町を歩き回った。
途中おなかが減ったらパン屋でパンをつまみながら・・・。

帰ってからビールを飲みながら、ギターを弾きながら
友達の帰りを待つ。一緒にご飯を食べながらワインを飲んだ。

懐かしい友と、パリの街でワインを飲み交わす。
あぁなんて素晴らしいんだろう。

僕はまた、フランスの愛を感じた。


catsu


スポンサーサイト



  1. 2008/01/16(水) 10:00:06|
  2. どうでもいいこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuraikatsuyuki.blog50.fc2.com/tb.php/162-bb9566b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)