FC2ブログ

音楽CATSUどう?

CATSUのブログです。暇つぶしのお役に立てれば・・・。ライブ情報なんかもこちらから発信しますので、たまにチェックを

第4回沖縄サバイバルラン400km 回想記⑩

希望的予測タイムから30分ほど遅れてしまった。ラスト10kmほとんど満足に走れなかったのが響いた。無性にインスタントの焼きそばが食べたくなったので、大盛り焼きそばを食す。予定通り少し長めの休憩を取る。段ボールのベッドで、イマージャンシーシートにくるまり、目を閉じる。少しでも動くと隙間風が入ってきて寒い。おまけに、蚊の襲撃を受けた。あの超高音が眠りを邪魔してくる。すぐに寝落ちできるかと思っていたが、結局約30分、ただうとうとしてるだけで終わってしまった。本当は2時間でも3時間でも寝れるまで滞在したかったが、ここで根をおろしてしまったら、再出発がかなり難しくなることが予想されたので、予定通り23時頃、辺野古ローソンを後にすることにした。が、すでに体はもうがちがちに固まっていて、歩くのもままらない状態に陥っていた。一方のSさんはすっきりして足も軽くなったと、僕とは対照的な結果に。走り出せるまで1kmぐらいかかったが、次の目的地、海中道路入口293km地点までは残りフル1本だ。目標は7時間だが、体の状態を考えると、あまり高望みはできなさそうなのは明らかだった。来年もまた出ることになったら、ここからの42kmをいかに走れるようにもっていくか、その辺の対策をしたいと思っている。
 進まない。母として、いや遅々として進まない。そんなボケる余裕など全くないほど進まない。Sさんの足を引っ張ってしまっているとは自覚しつつも、体が言うことを聞いてくれない。お腹も満たされたはずなのに、なぜだろう?少し長いこと横になったせいでもしかしたら張りつめていた緊張の糸が緩んでしまったのかもしれない。そうなると、途端にまた睡魔が襲ってくる。あいつらは、こっちが隙を見せると見事なまでにそこにつけこんでくるから本当に厄介だ。とはいえ、生理現象ゆえに、うまく付き合っていかなくてはいけない。少しばかり悪あがきをしてみようと試みたが、こういう時に勝てる相手ではない。Sさんにお願いして、道の駅ぎのざのベンチでまた5分、いや、この時は10分だったかな、横になることにした。起きると例によってすこしはすっきりした。また走りだす。倦怠感はふんだんに残っているものの、先を考えるととにかく進んでおくしかない。今思い出しても、この辺りが一番辛かった。走っていても歩いていても、もう止まって横になることしか考えられなくなっていた。さっき休んだばかりなのに、と分かっていながらも、体はもう休むことを要求してやまない。いろんなことを試してみるが、解決策は寝ること以外にない気がした。でも、ここで寝るわけにはいかない。進まねば…。過去2年は、宜野座から金武あたりで夜明けを迎えたが、今回はまだ深夜帯だ。朝日パワーを借りて睡魔を撃退するには、まだ時間があり過ぎる。Sさんが金武のファミマで補給をする。胃腸も動いているようだ。背中に国頭のファミマで買ったおにぎりが、未だ食べられずに残っていたことを思いだし、僕は歩いて先に進むことにした。って、一体いつのおにぎりだよ!あそこは140km地点ぐらいだから、ざっと120kmぐらい昔のおにぎりであることだけは確かだ。もしかしたら、傷んでいるんじゃないか?食べない方がいいんじゃないか?食べてお腹をやられたらどうするんだ?いろいろな思いが駆け巡る。が、すぐさま睡魔がその思考回路を遮断しにかかる。食べちゃえ!食べちゃえ!だめだ、やめとけ!頭の中で天使と悪魔が格闘する。僕は黙って天使の方のアドバイスに従うことにした。美味い!特に酸っぱいような味もなく、普通に食べられた。やっぱりおにぎりは梅に限る。あとはうまいことエネルギーに変換されることを願うばかりだ。

CATSU
スポンサーサイト



  1. 2017/12/30(土) 18:18:55|
  2. 歌うアスリート