音楽catsuどう?

catsuのブログです。暇つぶしのお役に立てれば・・・。ライブ情報なんかもこちらから発信しますので、たまにチェックを

第13回川の道フットレース日本横断ステージ520kmの部。戦いを終えて②

第2CPの新上江橋東側、51,3kmは14時30分少し前ぐらいに通過しただろうか。特に異変もなく、暑さと渇きと闘いながらひたすら進む。次のエイド&CPは67,3km地点までは16km。2時間弱ぐらいで行こうと相変わらずのペースで。この辺りは、川の道の記録保持者のレジェンドU澤さん、前回優勝者で今回も連覇を達成されたMさんなんかと同じようなペースで進んでいた。U澤さん、ケガからまだ全快しておらず、今回は歩きがメインになるかもなんておっしゃってたのに、普通にこの位置。いやー恐るべし。ちょうど60km地点あたりに、またしても私設エイドを発見。前のエイドで水分補給を忘れてしまって干からびてしまったという、Mさんが恵みの水をがぶ飲みしてた。痒いところに手が届くような、絶妙な位置でのこういう私設エイドは本当にありがたい。第3CPの桜堤公園入口、67,3kmはほぼ予定通り7時間ちょっと、16時20分過ぎに到着。そば、米その他を補給。CPを過ぎてから1kmほどその名前の通り、桜のトンネルが続く。花はもうとっくに散ってしまったが、葉桜が見事に西陽を遮ってくれた。久しぶりに太陽から隔離されて、気持ちよく走れた。だけど、そんな楽な環境がそう長続きするはずもなく、またすぐに土手の暑い道へと戻された。ふと前方に見慣れたシルエットを確認。サバイバルやフットレースで抜群の強さを見せつけられている、もりしーだった。実は前日の壮行会で、もりしーの所属する、チームViva la Vidaに僕も迎え入れてもらっていた。今回、Viva la Vidaからはもりしーと僕だけの参加なので、唯一のチームメイトだ。もりしーは川の道、前回、前々回と3位という結果を残している。今回は優勝を狙うと言っていたものの、追いついて話をしてみると、どうも体調がすぐれないらしい。冗談かと思ったが、リタイアも頭をよぎっている状態だという。こんなところで終わるはずはないだろう!終われるはずないだろう!と弱ったもりしーに檄を入れ、しばらく並走する。第4CP大芦橋南西側76,4km地点、通称カップラーメンエイドで、もりしーと一緒に麺をすする。大量の汗をかいてきたので、スープの塩分をここぞとばかりに補給する。普段ならスープを全部飲んだら塩分の取り過ぎだと言われるだろうが、この状態ではそれでも足りないぐらいだろう。麺がなくなったあと、おにぎりを入れてスープまで完食する。葛西臨海公園のスタートからずーっと続いてきた荒川の河川敷の景色とも一旦ここでお別れとなり、ここから熊谷の市街地コースへと入る。高崎線の跨線橋を渡る少し手前にある、セブンイレブン吹上南店が、この旅の最初のコンビニということになるのだろうか。もちろん、多少コースアウトすればコンビニに寄ることもできるが、ここまで約80kmは、補給はエイド、または私設エイド、そして自販機のみに頼らざるを得ない。そして今回のように、天気が良いと逃げる場所もない河川敷コースが延々続くので、非常食や熱中症対策などの類の多少の備えを用意しておく必要もあるのかもしれないと思った。
市街地コースに入ると、久しぶりにというかこの旅初めての信号待ちの洗礼を受ける。何回も立て続けに止められると、多少のいら立ちも感じてしまうものかもしれないが、そこは冷静に、屈伸その他ストレッチをする時間をもらったと思って、少しでも体のリカバリーをしながら進むことにした。たかが80kmそこそこでも、すでに足は疲労のサインを隠し切れない模様で、普通にしゃがむことも困難になってきていた。ガードレールや車止めなどを手すり代わりにして、いわゆる和式スタイルで前腿、膝の上あたりを伸ばす。これを少しやるとふっと足が軽くなるのを感じられる。所詮付け焼刃療法なのでその効果もそんなに長くは続いてはくれない。こまめにこの屈伸運動をやり続けたのが、完走につながった1つの要素ではなかったかと僕は考える。第5CP熊谷警察署前、88,9km地点を通過。ちょうど19時ぐらいだったと思う。約90kmを約10時間。上出来だ。これまでのCPにはエイドがあって、スタッフの皆さんもいらっしゃったが、第5CPからはもうそれもなくなる。無人のポイントを通過しながら、シートに通過時刻を記入していくだけだ。第5CPで国道17号線から国道140号線へと左折する。ここからナイトランが始まる。第8CP国民宿舎両神荘まで60km強。秩父の山道を通過しながら夜明けまでにたどりつけるだろうか。もりしーとの並走は続く。
スポンサーサイト
  1. 2017/05/30(火) 09:09:12|
  2. 歌うアスリート

FC2Ad