音楽catsuどう?

catsuのブログです。暇つぶしのお役に立てれば・・・。ライブ情報なんかもこちらから発信しますので、たまにチェックを

沖縄サバイバル400km回想記2016

あの長い長い0泊4日の沖縄の旅から丸1年。
また運命の日を迎えてしまいました。

71時間38分39秒で昨年に引き続き7位。(出走49、完走8)

昨年よりもいい記録を狙ったのに、カトルスのままゴールを狙ったのに、どちらもあえなく惨敗。それでもなんとか完走して来年の優先エントリー権を得られたことが唯一の救いでした。応援してくださったみなさん、私設エイドの皆さんありがとうございました。

そしてまた、長い長い4日間の闘いが終わり、丸3日。
傷も少しずつ癒えてきて、記憶も少しずつ薄れてきていく気もしているので、忘れないうちに昨年同様回想記を書き留めておきたいと思います。


17日(木)。
昨年同様、目白のカフェアコリットにてボジョレーの会を開催。14時開演、16時過ぎ終演、16時40分過ぎの電車に乗り、成田空港第三ターミナルを目指す。打ち上げの余韻に浸っていたい衝動と闘いつつ、気持ちを切り替えて予定の電車に乗らなければいけない。これを逃すと飛行機に間に合わない。サバイバルがすでに始まっていた。後ろ髪をひかれつつ、山手線、スカイライナーと乗り継ぐ。スカイライナーに乗るのはかなりの贅沢であるのは重々承知しているが、これに乗らないと間に合わないという大義名分がこちらにはある。日暮里からノンストップで成田空港第2ターミナルまで。悲しいかな、快適な電車の旅は居眠りする間もほとんどないうちに終わってしまった。LCCの第3ターミナルまでの600mを歩く。第3ターミナルに着いてトイレに入ると、いきなり見慣れた顔に遭遇。Kさん、Oさん、そういえば昨年も同じ便で鉢合わせだったな。再会を祝し、とりあえずの乾杯。飛行機に乗り込む。那覇空港に着陸して、ターミナルまでのバス移動の途中で、今回初参加の方と出会う。2,3言、言葉を交わしただけだったが、間違いなく彼も我々側の人間なんだろうということは容易に推測できる。まだまだ日本各地にいろんな変態達が息を潜めてひしめき合っているであろうことを想像するだけで恐ろしくもまた楽しみでもある。今年の沖サバに対してまた胸が弾んだ。派手に前夜祭をやりたい気持ちを抑えて、軽く腹ごなしをして早々に翌日からの闘いに備えて眠りに就いた。

会場の那覇国際ユースホステルまで2km弱のところの宿から歩いて会場へと移動。午前10時過ぎ、すでに暑い。直射日光を浴びるともはや暑い、ではなく、焦げるという感じだ。東京とは異次元の暑さに足がすくむ。心に暗雲が立ち込める。この暗雲が照りつける太陽を遮ってくれればいいのに・・・。会場に到着する直前にいつもの姿に変身を済ませる。満を持して、ユースホステルの2階の会場に入る。馴染みの顔が半分ほど、新しい顔が半分ほど。

正午。ウェーブスタートで10人ずつ飛び出していく。72時間以内にいったい何人が帰ってくるのだろうか。今年はどんなドラマが繰り広げられるのだろうか。楽しくも苦しい400kmの始まり始まり。


つづく

スポンサーサイト
  1. 2016/11/24(木) 14:42:52|
  2. 歌うアスリート

FC2Ad