音楽catsuどう?

catsuのブログです。暇つぶしのお役に立てれば・・・。ライブ情報なんかもこちらから発信しますので、たまにチェックを

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

四万騎菜の花ライブ2017

2月も今日で最終日。昨日はヌーベルエビシャンで楽しい夜でした。お出かけくださいました皆さま、どうもありがとうございました。元祖、エビシャン時代からご一緒の唯文さん。パリ祭にダンディーズとして出演されてる片平さんとはパリ祭以外では初共演でした。同じく準初共演だったのはLIMさん。実は数年前のモミュの日高仁さんのバースデーパーティーでご一緒してたのでした。全くの初共演だったのが今回紅一点のNecoさん。猫大好きの実は写真家。楽屋トークにも花が咲きました。
ミュージシャンの、善彬、ウッチー、ゆうくんとは何度か一緒にやっているので、今回も安心してバックを任せられました。雪の苫小牧ではよく滑って転びそうになっていた僕ですが、雪のないアートカフェでも滑りまくりでした。次回はスケートシューズで歌おうと思いました。


北海道に比べると、東京はもう十分春ですが、4月2日(日)四万騎農園で菜の花ライブを今年もやります!ご来場者は無農薬菜の花を積み放題です。(10tトラック等でお越しになるのはご遠慮ください。笑)店舗スペースでは生栗、栗ジャムなども購入できます。
春の筑波山観光も兼ねてぜひ茨城に足をお運びくださいませ。

20170402.jpg


Catsu
スポンサーサイト
  1. 2017/02/28(火) 11:29:36|
  2. ライブ情報

本日、ヌーベルエビシャン

昨日、無事東京に戻ってまいりました。なんとまあ東京の暖かいこと。路面も凍ってなく歩きやすいですしね。というわけで、お足もとも悪くないので、ぜひ今晩お出かけください。「ヌーベル恵比寿deシャンソン」。唯文さんはじめ、5人の歌手、3人のミュージシャンでおとぼけします。お届けします。


@アートカフェ フレンズ(渋谷区恵比寿1-7-8 サウスワンビルB1)
19時30分スタート(18時よりお食事いただけますので食べながら待つのもありです。)

20170227a.jpeg


20170227b.jpeg

ではお待ちしてます。

Catsu
  1. 2017/02/27(月) 07:56:00|
  2. ライブ情報

Catsu、元気になります!


あ、変換ミスりました。写真の飲み物、「カツゲン」、気になります。


昨日は市内を色々ぐるぐるして13キロ。最後に、鶴の湯という銭湯に行ってきました。




今日は、アルテンという天然温泉へ。



トータル30キロちょっと走る予定です。

あー、ついに今日が最終日。
長いようであっという間でした。
また戻って来られますように。祈りをこめながら最後のステージ頑張ってきたいと思います。


これも気になるなぁ


Catsu
  1. 2017/02/25(土) 13:55:03|
  2. どうでもいいこと

雨の苫小牧

昨日は暖かい一日でした。なので、雪でなく雨が降り、歩道に積み重なったアイスバーンも溶け、ぐちゃぐちゃのみぞれ状態。これならいっそ氷点下10度の方がありがたいくらいです。まさかこんなコンディションの日に走ったりはしないでしょう。昼から清掃が入るので外出することに。特に行くあてもないので走る格好に着替えて外に出る。走り出す。100mで靴がぐちょぐちょになる。気持ち悪い。帰りたい。でも帰れない。仕方なく走った16km。笑

いやー本当に手におえない歩道の雪の状態でした。アイスバーンよりもタチが悪かったです。何度か転びそうになりましたが、ノー転倒で帰還できました。まー君の母校、駒大苫小牧にも行ってきましたし、緑が丘公園では鹿に遭遇。奈良公園や宮島の鹿同様、近づいて写真でも撮れるかなと思ったら、見事に逃げられました。あいつら野生なんですね。オスの角が立派だったんで、ちょっと怖かったです。

夜のステージはそんな足元も悪い中、リピーターも含め、いろんな方に来ていただき嬉しさいっぱいでした。泣いても笑ってもあと2回。がんばって歌ってきます。そのまえに、今日は清掃をお願いしようか、パスしようか考え中です。

上から読んでも下から読んでも橋

20170224101107bd2.jpg

踏切のすぐ近くなのにこのネーミングアパート

201702241012226f5.jpg

そうか、本数が少ないから踏切の近くにしてはうるさくないという意味がこめられているのかも、です。


シャンソニエ カプリス
苫小牧市大町2-4-4 三和ビル1F
0144-36-6656
20:00~、MC3,000円

お待ちしております。


Catsu
  1. 2017/02/24(金) 10:26:56|
  2. どうでもいいこと

登別カトルス

昨日で5日目のステージも終わり、残すところ今日を含めてあと3日となりました。毎日素敵な出会いがあり、嬉しい限りです。

日曜日に札幌~小樽のラッセルランをした変態ランナー仲間のK佐さんがお休みということで、温泉に行かないかとお誘いを受けました。最初は車でということでしたが、せっかく温泉に行くのなら、やっぱり走っていこうということになりました。せっかく美味しい料理を食べるならあつあつを食べたい、というのに似てると思います。が、目的の登別温泉までは50km近くあるので全行程走るのは断念。途中バスを使っていくことにしました。9時前に集合し、バスの時刻を見ると1時間以上あったので、先のバス停まで走っていくことに。月曜日に社台の駅まで同じ道を走った時は軽く吹雪いていたので景色を楽しむ余裕なんてなかったのですが、昨日は遠くに真っ白な樽前山もばっちり見えて気持ち良かったです。海も見ようということで、

20170222f.jpg
こちらがK佐さん。後ろが登別方面です。

20170222e.jpg
そして、こちらから走ってきました。

海に沿って遊歩道らしきものが整備されているみたいなので、ここを走ったら気持ちいいのかなと。走らなくても、散歩でもよさそうです。特にシニア世代にもお勧めです。なぜなら

20170222b.jpg
定年波止場。笑


10kmちょっと走って、やっと追いついてきたバスに乗車。登別駅で下車。そのまま乗ってれば温泉まで連れて行ってもらえるのに・・・。なんて、そんなことを考えてはいけません。走っていくからいいんです。笑

20170223082727280.jpeg
駅前ロータリーでパシャリ。
ここから7kmちょっとの登り道。


201702230827413f5.jpeg
登り始めてすぐに、こんな看板を発見。

か、カトルス温泉!!?

いや、カルルス温泉でした。非常に行ってみたい衝動に駆られましたが、今回は断念。いつか、カトルス星人としてカルルス温泉まで走ってやる!そんなことを胸に刻んだのでした。もちろん、もうちょっと暖かいときに。


強くけろうとしても滑って空回りしてしまう斜面に苦戦しながらも、小一時間走って登別温泉街に到着。
20170222g.jpg


今回の目的地はこちら。温泉銭湯夢元(ゆもと)さぎり湯。
20170223082828f33.jpeg
ドアを開けた瞬間、強烈な硫黄臭に迎えられました。露天がないのがちょっと残念でしたが、お湯はかけ流しで、色も、まるでバスクリンのよう。あ、こっちが本家本元でした。笑
水風呂と交互に、じっくり楽しみました。温泉卵も美味~。


帰りは、登別駅の一つ先の虎杖浜駅までバスで行き、そこから電車で帰りました。
約18kmのぶらり途中下車のラン旅でした。

Catsu
  1. 2017/02/23(木) 09:08:31|
  2. どうでもいいこと

苫小牧5日目

苫小牧は雪が少ないと聞いていたのに、毎日雪が降っております。昨日の夕方は10cmほど粉雪が積もり、ツルツルのアイスバーンを更に危険に進化させてくれました。風が吹くと地面の雪が舞い上がり、何故か顔めがけて飛んできて非常に痛くて冷たいです。何度か転びそうになりました。そんな中、札幌からのお客さんがあり、とても嬉しゅうございました。

昼から部屋に清掃が入るので、仕方なく外に出ることに。やることは特にないので、走ることにしました。最初は晴れてたのに途中から猛吹雪。視界も100mほどに。その後も降ったりやんだりを繰り返し、先ほど無事に宿に帰ってきました。暖かいって素敵。

今夜も19時からお待ちしてます。


Catsu
  1. 2017/02/21(火) 14:16:12|
  2. 音楽catsuどう?

ラッセルラン to 小樽

というわけで、一昨日走ってきました。


前日遅かったにもかかわらず、6時20分起床。朝風呂に入って、ホテルの無料朝食をとり、7時半前の電車に乗り札幌駅へ。苫小牧は気持ちよく晴れていたにも関わらず、札幌は雪という知らせが入る。これは途中でリタイアするパターンもありかもという不安がよぎる。

170219e.jpg
9時少し前、札幌駅北口をスタート。

僕はノリノリだが、道民3人は敢えてこんな日に走らなくても・・・、というテンション。せっかく東京から来てるので、という汚い脅し文句を使って、3人の尻を叩く。

出発早々、北大の中を突っ切る。キャンパス内は、前夜からの積雪が20cmほどになっていた。新雪を踏みしめる感触は何とも心地いい。親切を踏みにじるのとは雲泥の差だと思う。当たり前か。構内を貫く長い直線道路で、何人かのランナーとすれ違う。やっぱりみんなみんな走るんだ。そういえばクラーク博士の像は札幌のどこにあるんだっけってなことを思いながら走っていたら、急に目の前に現れた。

170219f.jpg
なんだ、博士、ここにいらっしゃったのですね。

はい、大志を抱きます!
あ、もうすでに少年ではなかった・・・。

学内から、進路を西の方へ。ここからはほぼひたすら一本道。道路まで真っ白な市街地を抜けてゆく。雪も降ったりやんだり、風も吹いたりやんだり、日差しも出たり引っこんだり、ころころ変わる天気の中、雪が降って、風が強くて、日差しがないときは、雪山で遭難したような気持ちになって、あやうく萎えそうにもなった。雪がまつ毛に張り付いて、凍って、著しく視界が悪くなった。鼻も頬も寒さでひび割れそうな痛みだ。北海道版サバイバルランの様相を呈していた。そんななか、こんな感じで一行は進む。

170219a.jpg

危ないから転ばないでね。と道民1人が僕を優しく気遣ってくれる。そして、その本人が転倒した。(今回の行脚での転倒は唯一これだけだった。本人の名誉のため、3人のうちの誰だかは伏せておく。笑)


16km地点で小休止。ちょうど小腹もすいてきた頃だった。
こんな格好で店内に入る。
170219g.jpg
東京だったら遭難者と間違えられて通報されるレベルだ。

何か温かいものでも食べようと思っていたのに、気が付いたら外でソフトクリームを食べていた。もはや正常な判断ができていない。笑
170219h.jpg

もちろん、外で食べたのは最初だけで、残りは中でゆっくり食べた。ミルクが濃厚で美味しかった。あの状況でそう思ったのだから、普通の状況で普通に食べたら2,3割増しで美味しく感じられるに違いない。


トイレ休憩も済ませ、再出発。20分ほどの滞在。休憩の後はなかなか体が言うことを聞いてくれない。でもまだ半分にも到達してないので、気合を入れ直して頑張る。

銭函のあたりから、峠越えが始まる。積雪も20~30cmあって、ラッセル状態になった。このラッセルランが楽しくてしょうがなかった。パラパラの粉雪を掻き分け蹴散らしながら進む快感。ラッセル!ラッセル!(ハッスル!ハッスル!のつもり)

峠の途中で眼下に海が見えた。流氷が見えるかも!なんてにわかに期待を膨らませるも、ここはまだ日本海。オホーツク海ではないので流氷など見えるはずがない。前日は、苫小牧で太平洋を眺め、翌日日本海。この広い北海道で二つの海を走りながら見れるなんて・・・。

峠越えが終わり、最初のコンビニで久しぶりの小休止。ちょうど30km地点。そしてさらに5km、35km地点にある、小樽市唯一の蔵元、田中酒造を見学する。
170219b.jpg

お目当ては、試飲コーナー。笑
がっつり4種類いただく。
170219c.jpg
おすそ分けでいただいた、ここの甘酒もめちゃくちゃ美味しかった。

目的地の温泉まで走って無事ゴール。39km。内容充実の6時間のマラニックでした。


高速バスで札幌に帰り、サッポロビール園へ。生ビール飲み放題と、ジンギスカン食べ放題を満喫。

170219d.jpg


沖縄サバイバルがご縁で、こんな経験をさせてもらえて幸せいっぱいでした。
残りのステージ、がんばっていこうと思います。


Catsu

シャンソニエ カプリス
苫小牧市大町2-4-4 三和ビル1F
0144-36-6656
20:00~0:00(Open 19:00)
Charge ¥3,000
  1. 2017/02/21(火) 08:34:10|
  2. 歌うアスリート

苫小牧2日目

午後から2時間ほど散策へ。
館内温度に慣れきった体で外へ出ると、一瞬でその冷気にやられました。歩道も相変わらず凍っているし、ほんとに走れるのか不安になりました。でも、意外と走れるもので、結果から言うと、一回も転ばずにすみました。(昨日転んだのは、革靴でギターを背負って荷物も持っていたからで、身軽な格好だったら転ぶはずはないと自分を納得させました。笑)
地面を強く蹴ろうとするとスリップするので、自然と着地が柔らかいものになります。体の軸が左右にぶれると転倒のリスクも高まるので、そうならないよう、インナーマッスルたちが微調整をしてくれようとするのが分かります。雪道(っていうかアイスバーン)を走るのもなかなかいいトレーニングになるかな、と。晴れていたので日差しがあるところは気持ちよく走れるのですが、日陰に入って、更に風でも吹こうものなら、雪山で遭難してるんじゃないかなってぐらい寒いです。さすが、北海道!こうこなくっちゃね~、なんてのんきな独り言をつぶやきながら走ってました。ふと、足元に茶色の塊を見つけたので立ち止まりよく見ると、それが財布であることが分かりました。すでに何度も車に轢かれ、雪で凍りついたその無惨な財布には現金は入っていませんでしたが、免許証、保険証ほかカード類もたくさん入っていたので、交番まで届けることに。ググって見ると、最寄りで2.5km。ちょっと走りづらいけどそのぐらいなら我慢するとしよう。走ること数秒、泥水と氷のついたその財布を持つ僕の指先が痛み始めました。つ、冷たすぎる!このまま、2.5kmは絶対に走れない。凍傷になってしまう。いっそここに放置しようか。僕の心の中の悪魔が囁きます。いや、落とし主は困っているのだから一刻も早く届けてあげなさい。すかさずもう一人の天使が反論します。でも、指が。。。でも、自分も財布を拾ってもらったこともあるし。。他の誰かいい人が代わりに届けてくれるさ。。。立ち止まってしばらくどうしようかと考えました。でも一向に天使と悪魔の攻防が終わりそうになかったので、二人はもうそのまま言い争わせておくことにして、再び財布を持って走り始めました。工場現場の方に、土嚢なんかを作る用の袋を頂き、それにくるんで持つことで冷たさから解放されました。無事交番までたどり着いたんですが、まさかの留守。机の上の電話をとって話してみると、今現在、事故処理中であと15分は戻れないという答えだったので、1km離れた警察署に届けることに。なんて日だ!結局10kmほど走ったのですが、3分の1は財布ランでした。笑

夜は、変態ランナー仲間が聴きにきてくれて、カトルスではない、仮の姿をばっちり見られてしまいました。あー恥ずかし。でも、沖縄のご縁がこうして発展するというのは本当に嬉しいことです。変態ランナー万歳!

今日は札幌から小樽まで走ります。苫小牧はいい天気だったのに、札幌は吹雪いてるとか。おいおいおい!

では行ってきます。
明日の夜からまた唄います!


Catsu
  1. 2017/02/19(日) 08:31:47|
  2. 歌うアスリート

カプリス@苫小牧 初日

帰り道一度スっ転びましたが、初日無事終わりました。もちろん怪我もなく。
今日はこれから市内を散策して、夜のステージに備えます。沖縄で出会った、サバイバル仲間、変態ランナー仲間が応援に駆け付けてくれるというので楽しみです。

シャンソニエ カプリス
苫小牧市大町2丁目4−1 三和ビル 1F
電話: 0144-36-6656


Cstsu
  1. 2017/02/18(土) 12:34:33|
  2. 音楽catsuどう?

雪の新千歳空港

に先ほど降り立ちました。
慌てて、上着を着ましたが、荷物を待つターンテーブルの周りには、半袖の猛者も見受けられ、唖然としております。
今日から8日間、日曜日のお休みを挟んで来週の土曜日まで、苫小牧のカプリスに毎晩出演してます。お時間、興味のある方はぜひ遊びに来てください。お待ちしてます。





Catsu
  1. 2017/02/17(金) 14:58:30|
  2. ライブ情報
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。