音楽catsuどう?

catsuのブログです。暇つぶしのお役に立てれば・・・。ライブ情報なんかもこちらから発信しますので、たまにチェックを

秋田100キロチャレンジマラソン

昨日、100キロ走ってきました。

当初の目標には
全く及ばず、散々な結果でした。

9時間も超えてしまうかどうかの
厳しい闘いでしたが、
なんとか持ちこたえて
8時間50分前に滑り込みセーフ。


スタート会場到着のちょっと前で
まさかのまさか、靴がないことに気づき、
宿までトンボ返り。
スタート時刻10分過ぎに会場に着き、
手続きしたり、準備したりで、
僕がスタートした時には、既に他の
ランナーが出発してから15分が過ぎてました。

先は長いから、ゆっくり追い付き追い越せばいい、と頭では分かっているものの、
一人ぼっちの不安からか、
明らかなオーバーペースで、最初の20キロを突っ込んでしまいました。
そこから少しずつペースが落ち、37キロからの山越えの時にはほぼ足が動かなくなってました。

そこからゴールまでは、忍耐の走りでした。
山を下りてからは、暑さに苦しめられる展開で、
エイド毎に全身に水をかけまくりました。
靴までびっしょり。
足がふやけて、マメができましたさ。

途中、雨が降ったり止んだりでしたが、
これはカトルス星人にとっては恵みの
雨となりました。
ただ、止んだときのムシムシ感は
半端なかったですが。

最後の10キロ、ヘロヘロ走って、
感動のゴール。
このマラソンは、世界一の太鼓が
お迎えしてくれるんです。
200mくらい前からこの太鼓の音が
聞こえてくると、自然と涙が出てきます。
あ~、やっと終わった~!!と。
でもどこかで、もう終わってしまうのか、
という淋しい気持ちにもなっているんですから
やっぱり変態ですね。


今日は、ゴール地点北秋田市元町の
樹音というお店で19時~ライブしてきます!


明日は14時~、商店街のまちなかトーブで。


北秋田市のいいとこ、たくさん発見して
帰りたいと思います。


Catsu
スポンサーサイト
  1. 2015/09/28(月) 18:43:33|
  2. 歌うアスリート

今日は多摩川まで

南の県境、多摩川。
北の県境、荒川。


川崎と接してるからって、偉そうにするなよ!
こっちは、川口と接してるんだぞ!


河口に羽田空港があるからって偉そうにするなよ!
こっちは、葛西臨海公園があるぞ!

やばい、対抗心を燃やせば燃やすほど、
敗北感が強くなる。笑



いや、負け犬の遠吠えと思われても
いいですけど、赤羽、荒川エリアには
マニア受けしそうな、素敵なところが
たくさんあるんです!
スレてない形でいっぱい残ってるところが

いいところなんだ!
と強く言い聞かせて自分を落ち着かせてみる。笑


で、今日はそんなライバル多摩川までの
視察ラン。笑

100キロマラソンデビューを
2ヶ月後に控えた友人Sの
50キロ走りたい!コールに応えてきました。

詳細はこちら

http://s.ameblo.jp/nishioka-sumi/entry-12075646356.html


死んでも100キロなんか走るもんか!
って拒んでたのが嘘みたい。
今じゃやる気に充ち溢れております。


ゆっくりなペースだったとらいえ、

疲れました。


Catsu
  1. 2015/09/21(月) 21:55:30|
  2. 歌うアスリート

帰国、そして、ジーニーズへ

一昨日帰国しました。
僕は無事に。

無事じゃなかったのはギター。
壊れたわけじゃないんですが、
待てど暮らせど届かず。

カウンターに行って尋ねると
なんとまだ、パリにあるとのこと。

到着は翌日。

翌日は、ミドリーヌこと三浦みどりさんと、
ほっちゃんこと堀部一寿さんとの
コンサートがあるではないですか。
別のギターがあったから事なきを得たものの、
少しヒヤッとしましたね。


まあトラブルはそれぐらいで済んだので
まあよしとしましょうか。


時差ボケ解消のため、
就寝前に軽く20キロラン。

格好つけて、軽く、といいましたが、
やはり2時間近く走るのには多少気合いがいります。

走り初めの1、2キロは今日は調子が悪そうだからやっぱり引き返そうって何度も思ったりもします。もっと大変なのは、走り出す前。着替える時。ごろんとベッドに横たわってそのまま睡魔の誘惑に負けたことなど数知れず。
やめる理由とか言い訳とか、いくつでも簡単に出てくるんですよね。
でも、やめないためのモチベーションを、
何とかこじつけてやってきてるわけです。
で、案の定、走り出して15分~20分もすれば、気持ちも乗ってきて、あ~このまま日本列島縦断出来るんじゃないかみたいな気持ちになって、
いや、そこまではならないとしても、
あ~、やっぱり一歩踏み出してきてよかったなって、思うんです。
そんな些細な攻めぎ合いの繰り返しなんですね。

で、その夜も20キロ走ったおかげで朝までぐっすり。気持ちよくコンサート当日を迎えられたわけです。

ミッドタウンまでは順調にいけたものの、そこからジーニーズにたどり着くまで、だいぶ迷いました。ああいう、大きな建物は苦手です。

終演後、そのままジーニーズでお食事をいただいて、胃も心も満たされて帰宅。

今日もぐっすり寝ようと、就寝前10キロランを敢行。

しかし今日は何故か逆効果。
眠気の神様に逃げられてしまいました。

何とか必死に寝ようと
エスプレッソを二杯飲んだのですが、
それでも寝られず。
朝方までうとうとしてしました。


次の日曜日は秋田で、角館から鷹巣までの
100キロマラソンに参戦してまいります。
1年ぶりのラン仲間との再会を楽しみつつ、
サブエイト、(八時間切り)を狙ってきます。


翌日そのまま北秋田市でライブしてきます。

こうやって、ラン&ライブできる機会を増やしていけるように頑張りたいと思います。


Catsu
  1. 2015/09/20(日) 11:43:14|
  2. どうでもいいこと

あれから15年

2000年9月12日、21時50分。
成田空港の滑走路で僕は離陸の時を待っていた。
待ちに待ったフランスへの出発の日。
そして僕にとって初めての外国への旅立ち。
これから始まる11か月半に及ぶフランス生活への
期待と不安と、喜びと淋しさと。
いろんな気持ちが頭の中を巡っていた。

あの時の情景を今でも鮮明に覚えている。
そう、まるで15年前の出来事のように・・・。



パリのシャルル・ド・ゴール空港に着いたのは翌朝
フランス時間9月13日の4時半ごろ。
そんな時間にもかかわらず、ロータリーの二人が
迎えに来てくれた。

Enchanté!(初めまして)

僕: Enchanté!(初めまして)

Tu as fait un bon voyage?(ここまで順調だったか?)

僕: Enchanté!


この初対面の時のやりとりは、いまでも
笑い草として語られる。自分で言うのもなんだが、
それぐらい僕のフランス語はお粗末なものだった。


それから当然だが、フランス語漬けの毎日。
3か月を過ぎるころからは、ほぼフランス語だけでコミュニケーションが
とれるようになっていた。

その頃ぐらいから、フランス語で夢も見るようになり、
帰国当日の夢を見ては、まだ帰りたくない~!
と逆ホームシックにかかって、飛び起きて、
あ~、夢でよかったと安堵するようなことも何度となく起こった。


後略。


正確には、今日13日がフランス到着15周年の日だが、
その日を、15年前に空港まで迎えに来てくれたロータリーの
僕の担当者の家で迎えることができた。
お祝いまでしてもらった。

もう15年か。

まだ15年か。

この先、どれだけ積み重なっていくか。


欲張っても仕方ない。
でも、まだまだ続いていってほしい。


そんな自分の気持ちを再確認した15年目の今日でした。


Catsu


  1. 2015/09/13(日) 17:57:05|
  2. どうでもいいこと

FC2Ad