音楽catsuどう?

catsuのブログです。暇つぶしのお役に立てれば・・・。ライブ情報なんかもこちらから発信しますので、たまにチェックを

Eau non potable

Eau non potable

とは、飲用ではない水のことです。


ボルドー市内の
Place du Parlemntにある噴水を紹介します。

噴水の水なので、
大方の噴水同様、その水は
もちろん飲用ではありません。

もし、飲んでしまうとどうなるか・・・。

見てください

non potable


戻します。


食事中の方、お詫びします。


catsu
スポンサーサイト
  1. 2010/09/29(水) 00:23:40|
  2. どうでもいいこと

こんな諺がある

と、聞き流していたテレビから
たまたま聞こえてきた諺を紹介します。


Meme si les chiens ont 4 pattes,
ils ne peuvent pas prendre 2 chemain a la fois.


意味は、たとえ犬が4本足であっても
2つの道を同時に進むことはできない。



蛇足かとは思いますが、
確かに人間は2本の足で、
1つの道を進みます。

足の数が倍になっても
選べる道は倍にならない。


まあある意味くだらないっていったら
くだらない諺ですが、
なんというか、そのリズムがよかったのか、
すぅーっと耳に入ってきたので報告しました。


catsu
  1. 2010/09/26(日) 20:27:33|
  2. 今日のひとこと

メドックマラソン その3



27km地点を通過です。

7



動き出した地下鉄が、
疲労困憊のFに乗車しないかと
誘ってます。

8


9

最新のパンタグラフは、
空気中の分子を分解して
発電しているそうです。



10
Chateau Phelan Segur通過。

11


記念に僕も地下鉄を押してみました。



12

キャンピングカーで沿道で観戦する
人たちもいっぱいいました。
仮装行列が数時間にもわたって続くわけですから
かなり楽しめますよね。


最後は牡蠣を食べました。
13


でも、あまりにちっちゃかったので
ぱくぱく、次から次へと食べました。

そうこうしてたら、制限時間6時間半の
ペースメーカーに抜かれてしまいました。

やばい、このままではゴールできない!

でも、ちょっと本気になって追いかければ大丈夫!

と高を括って、続けて牡蠣を食べ続けました。
30個ぐらい食べたでしょうか。
ペースメーカーは数百メートル先まで
行ってしまいました。

ここから最後のひとがんばり。

おかげで、牡蠣のあとに
ステーキがあったのですが、これは
泣く泣く素通りしました。

唯一の心残りです。


ゴールしてからは、酔いが回って
30分ぐらい眠りに落ちました。笑


本当に、何でもありのマラソン大会で、
まあレースというよりも、お祭りという
側面の方が大きいようなそんな大会でした。


いつか、これの日本バージョンが
できないものかと考えてます。

酒処、新潟の蔵を回って走る。
そんなインターナショナルな大会が
できないものでしょうか?

有志募集します。


catsu









  1. 2010/09/21(火) 22:43:38|
  2. 歌うアスリート

メドックマラソンその2

続けます。

お次は、紙おむつ集団です。

⑭
よく見ると紙おむつに
何か書いてあります。


次はにぎやか集団。

⑮
スピーカーを台車に乗せて
押しながら走ってます。
スピーカーの右となりの人が
マイクを持って、音楽と掛け声で
周りの人たちにエールを送りながら走る
そんな集団です。


⑯
Chateau Branaire-Ducruに着きました。
実は、僕が留学から帰国するときに
当時のピティヴィエロータリーの会長から
お土産でいただいたのが、ここのシャトーの
ワインだったのです。
まさかこんなところで、こんな形で再会できるとは
思ってなかったので、嬉しかったです。

⑰
至る所で、音楽の歓迎を受けました。
いつかはこういう形でも参加したいなと
密かに思いました。
あ、でもやっぱり、走るほうがいいかな。笑
音楽は前夜祭とかに、ということで。

お次はこのシャトーです。

⑱
Chateau Latour(シャトー・ラトゥール)
日本でもおなじみのこのシャトー。
知らない人以外は、全員が知ってると思います。

⑲
これがラトゥールの畑です。
⑳


残念ながら、ここでは
ワインの振る舞いはありませんでしたが…。


次のシャトーでは、
ちゃんとしたワイングラスで
いただきました。

それでは実際に、飲んでいるところを。
テイスティングのことをフランス語で、
Degustation(デギュスタスィオン)
といいます。


う~ん…


あ~

友人Fもデギュスタスィオン。





※ ワインを飲んだら、しっかり
水分補給をしましょう。

これは、スタート前に、主催者が
何度も何度も言ってました。
しかも、この日は最高気温が31度まで
あがりましたから、ただでさえ、水分補給は
重要なわけです。


2~3kmおきに、ヴォルヴィックの
水を配っているので、走ってるときは
だいたいペットボトルを片手に走るのですが、
その時、目の前に傘をかぶった人がいたので、
つい、雨を降らせたい衝動に駆られました。





この人と長い間一緒に走ってました。
かたや自転車ですが…。


確実に飲酒運転ですよね。



19.5km地点通過




各給水ポイント(給ワインポイント)は
こんな感じでお祭り騒ぎです。




友人Fは入念にストレッチング。








「がんばれ!残りたったの22.695km!」


再び、スタート地点のPauillac(ポヤック)
に戻ってきました。




1
飛行機雲ならぬ、ヘリコプター雲。


2

Chateau Lafite Rothscild
(ラフィット・ロットシルト)に
着きました。

3

メドックの格付けで
第1級のシャトーです。

ここもラトゥール同様素通りかと
思いきや、ちゃんと飲ませてくれるじゃ
ありませんか。

感激で、おかわりもはずみました。
4


日本人の一行とここで少しお話をしました。

シャトー・ラフィット・ロットシルトの中を
地下鉄が通り過ぎます。

5



6

その直後にストライキで
止まってました。笑




続く…


catsu







  1. 2010/09/17(金) 19:28:20|
  2. 歌うアスリート

メドックマラソン

というわけで、一昨日、念願の
メドックマラソンに参加してきました。

本当はすぐにブログを更新したかったのですが、
現在ネットカフェ生活をしているので、
(いわゆるネットカフェ難民ではありません。
部屋にネットができる環境がないという意味です。)
どうしてもペースがゆっくりになってしまいます。
部屋でだらだらネットサーフィンしちゃうよりも
時間を決めてネットカフェに行く方が、
自分にだらしのない僕にとっては好都合かもしれません。

それでは、レース当日を振り返ってみましょう。

ボルドー市内から、スタート地点のある
ポヤックまで電車で1時間半。
乗り場が分からなくて、朝からダッシュの連続。
ようやく電車に飛び乗ったのは、発車30秒前。

スタート前からリタイヤするところでした。笑



①

さっそくきれいな朝焼けが出迎えてくれました。
青・白・赤(オレンジ)
見事なトリコロールじゃないですか!

メドック地区に近づくと、辺りは一面のブドウ畑。
世界の車窓からの、あの番組が頭をよぎります。
でもいまいちメロディーが思い出せない…。
ま、いっか。

電車を降りると、さっそくこんな光景が。

②

おいおい、豚の丸焼き担ぎながら、
フルマラソン走るんですか?

はい、そうですよ、と、にっこり笑ってくれました。
(この人たち、翌日の地元紙にばっちり載ってました。)




③

お次はこの人たち。
ここは、ディズニーランドかと突っ込み
たくなるような仮装行列。
④

スタート地点に向かうに連れて、
こんな変な人たちが雪だるま式に増えていきました。




この日のために、夏休みを利用して
日本からやってきた、友人F。

⑤
(※プライバシー保護のため、
一部処理を施してあります。)



金太郎の前掛けに、
なぜか「半次郎」の文字が書いてある僕。

⑥






あれよあれよという間に
スタートの時間がやってきました。
しかし、ここでハプニングが。

友人Fの連れの、友人X、いや、あえて、
友人Yが、行方不明に。

トイレ行列に並んでいた友人Yを残し、
僕らは先に手荷物預かり所へ着替えなどを
預けにいき、そこで待ってると伝えたつもりが…。

待てど暮らせど来ない。
10分が過ぎ、20分が過ぎる。

皆さん心配そうに、

「もう、みんな出発してるぞ!」
「スタートはあっちだぞ!」

とか声をかけてくれます。

「連れが一人行方不明なんです!」

そういいながら、行方不明者の捜索に
ひた走るFと僕の2人。

そろそろ30分が経とうとし、
このままでは、途中のチェックポイントで
もしかしたら、失格になってしまうかもしれないと思い
Yは、どこかですれ違って、先に行ってると信じ、
前にいるはずのYを追いかけることにしました。

⑦

懸命に走るF。
でも、前を行く集団になかなか追いつきません。

⑧

5km過ぎ、ようやく最初のワインポイント。
Chateau Batailleyのワインにありつきました。
⑨


メドックマラソンの醍醐味である、
ワインを一杯飲んだら
落ち込みつつあったテンションが
ぐっとあがりました。

ここから少しずつ、前の集団に
追いついていきました。


⑩

ふと、前を見ると
制限時間の6時間半のペースメーカーの集団が。

とりあえず、このペースメーカーの
先に行くことに成功しました。

⑪

おそらくドイツから来たのでしょう。
ビールを運びながら、走っている人が。

え、走ってないですね。
明らかに、乗り物に乗ってます。
自転車のようなものをこいでます。
ナンバーカードが付いてるから
参加者であることは確かなようなんですが。

こんなのあり?

ありなのが、どうやら
メドックマラソンみたいです。笑

こんな人もいました。
⑫

重い岩を背負っています。
ドラゴンボールの亀仙人の修行みたいです。

こんな人もいました。
⑬

尻尾で隠そうとしているんでしょうが、
走るたびに、その割れ目があらわになっています。
何を考えているんでしょうかね。
みんな指差して笑ってました。


続く…
(はず)


catsu

  1. 2010/09/14(火) 17:04:16|
  2. 歌うアスリート

現実って何だ?

何が正しいのか、

何が起こってるのか、


理解に苦しむことも
少なくはありません。



実は、生きていることは夢であり、
本当の現実は死んでから始まる。

そんなことも耳にしたこともあります。



いま、僕の目の前で起こっていること。


科学的に解明することは
可能なんでしょうが、
僕にはわけが分かりません。


僕の中の常識が
音を立てて崩れていく感じです。


ボルドー市内を流れるガロンヌ河。
下流から上流に向かって流れているんです。
それもかなりの勢いで。

河口からは数十キロあります。

いくつかの仮説も考えられますが、
その光景はあまりに衝撃的です。


あの水はあのまま上流の山地に
たどり着くのでしょうか?


僕たちは、過去に向かって
生きているのでしょうか?

catsu
  1. 2010/09/09(木) 15:55:15|
  2. どうでもいいこと

Greve

greve.jpg

日本でもニュースで報道されていることと思いますが、
昨日は、フランス全土で一斉にストライキが起こりました。

その数、100万とも200万とも。

ボルドー市内でも大勢の人が行進してました。

"Publiques, privees, c'est tous ensemble qu'il faut lutter!!"

(公務員も、サラリーマンも、みんな団結して闘おう!!)

と、叫びながら。



そうです、このストライキは、定年を現在の60歳から
62歳に引き上げるという、サルコジ政権の政策に反対して
起こったものなんです。

だから、当然、一日中、バスも、トラムも、郵便局その他も
麻痺してるのかなと思いきや、一部を除いては結構普通でした。

もっとも僕は歩き専門なので、めったにトラムには乗りませんが。


昨日は変な天気でした。

朝は雨で、日中晴れて、夜また降って。


今日はいい天気。
今のところ…。


catsu

  1. 2010/09/08(水) 16:07:59|
  2. フランス語講座

提案その2

これもまた日光街道ウォークのときに見つけたものです。

どうやら、フランス料理のお店らしいです。
名前も、Saint-Julien(サン・ジュリアン)で
いかにもフランス的な名前ですし、
ワインの絵も見てとれます。

ただ、

ただひとつ、いいですか?


もし、フランスの国旗をイメージした看板だったら

青と赤の位置を逆にした方がいいと思うんですが…。


stjulien.jpg


フランス人の逆鱗に触れたからかどうか知りませんが、
このレストラン、どうやらだいぶ前に閉店した模様でした…。



参考までに

フランス国旗


catsu
  1. 2010/09/06(月) 21:35:33|
  2. どうでもいいこと

提案

先月、仲間と日光街道を歩いたときの写真です。

提案

「今市消防団」という文字が見えますか?

今市は、いまでは日光市の一部になってしまいましたが、
それまでは、今市市でした。

よーく見ると

「今市市消防団」だったのを、

「市」の文字をひとつ消して、

「今市消防団」にしているのが分かります。


でも、


でも、どうせ消すなら、

後ろの方の「市」を消した方がよかったんじゃないかな…。


「今 市消防団」

より

「今市 消防団」

の方が…。


catsu




  1. 2010/09/05(日) 17:37:56|
  2. どうでもいいこと

アントニオ猪木

略して



アノキ


ANOKI


quartier latin(カルティエ・ラタン)
で見つけたお店です。

特別、縁もゆかりもありませんが・・・。



こちらフランスはかろうじてまだ8月31日ですが、
すでに日本は9月に入りましたね。

今朝のニュースでやってましたが、
連続真夏日だか連続夏日だかの記録を更新したみたいですね。

こちらは、半そでじゃ少し肌寒いぐらいだというのに…。


自称、ナツオトコとしては、夏の終わりは非常に
嫌なものです。毎年この時期は、憂鬱に呑み込まれそうになります。

今年は、憂鬱+ホームシックですかね。
いや、まだホームシックにはなってないです。


あ、でもそういえば
10年前、1年間いたときも、ホームシックには
ならなかったです。

日本に帰国のときに、逆ホームシックになったぐらいで…。


和食も大好きですが、フランスにきたら、
特に食べたいとも思いません。

こちらの美味しいもので満足できますから。

結構、適応能力は高いみたいです。


毎日、パンが美味しいです。



catsu




  1. 2010/09/01(水) 05:58:53|
  2. どうでもいいこと

FC2Ad