音楽catsuどう?

catsuのブログです。暇つぶしのお役に立てれば・・・。ライブ情報なんかもこちらから発信しますので、たまにチェックを

朝型生活

も始めました。


朝の時間を有効に使おう、と思い立ったので、
なるべく早起きするようにしました。

今日は6時前に起きて、
小雨降る中、1時間ちょっとのジョギングに行きました。

普段僕が走る時間より早いにもかかわらず、
雨がパラパラ降っているにもかかわらず、

走っている人はいつもより多かったです。


それにしてもびっくりしたのは、
まだ7時前だというのに、
ウェイクボードをしている人がいたことです。


ウェイクボードとは


catsu
スポンサーサイト
  1. 2010/06/27(日) 09:11:25|
  2. どうでもいいこと

抹茶生活

続いてます。
今のところ。


薄茶に始まり、
濃茶に続き、

その濃茶もなくなりかけてたので
新しいのを買わなきゃと思っていたら、

ナイスタイミングでいただいてしまいました。

桑の葉抹茶。

多少、今までと味が違いますが、
まあ、体にもよさそうですし、
しばらくこれを飲んでみたいと思います。


catsu
  1. 2010/06/27(日) 09:07:38|
  2. どうでもいいこと

ラマンダソワレ

パリ祭でご一緒させていただく
深江ゆかさんのお店、自由が丘のラマンダ
で、歌ってきました。
ラマンダで歌を勉強している
3人の方と一緒に歌いました。

3人とも4曲ずつ歌ったうちの
1曲はフランス語で歌われました。

フランス語で歌いたい、聴きたい、
という人が増えてくれるのは
僕としては何とも嬉し限りです。

お客さんとしていらした
お花の先生に花をいただきました。

その名も

ひまわり。


一輪差しですが、
三輪差しぐらいまでは、まあいいでしょう。笑

ひまわり

お越しいただきました皆さん
どうもありがとうございます!


catsu
  1. 2010/06/27(日) 09:04:53|
  2. 音楽catsuどう?

謝謝!再見!

「謝謝!」(xiexie=ありがとう)
「再見!」(zaijian=さようなら)


今日、こう言われました。

いつ?
誰に?


それが問題なんですが、


今日、ジョギング途中に
ダイドーの自販機でスポーツドリンクを買ったら、
自販機にそう言われたんです?


何で中国語?


しかも、日本語、英語じゃなくて
中国語だけだったんです。


僕が北京に留学していたことを
お見通しだったんですかね?



だったら、その前にフランス語で
言って欲しかったですね。笑


謎は未解決のままです。


catsu
  1. 2010/06/23(水) 18:30:04|
  2. どうでもいいこと

お前は牛か!?

牛か!


いや、馬です。


catsu
  1. 2010/06/22(火) 22:13:50|
  2. どうでもいいこと

今日の一輪

は、ピンクのバラです。

ローズ色のバラです。


今日のローズ


かなり立派なとげがありましたが、
お花屋さんのおじさんが切ってくれたおかげで、
僕の指にささることはありませんでした。



catsu

  1. 2010/06/21(月) 17:58:06|
  2. 今日の一輪

オランダ戦

ついにオランダ戦開始まで、あと9時間を切りました。

ところがどっこい、僕は明日よしあきともみゅでライブの日なんです。

モミュにも液晶の大きなテレビがあるので、
明日はスポーツバーよろしく、サッカー観戦もしながら、歌も歌う。
そんな会にしたいと思います。

初回は8時きっかりに、始める予定です。
なんせ、8時30分がキックオフですからね。笑


対するオランダという国。
フランス語で何というかといいますと、

Pays bas(ペイバ)
と言います。

Pays=国
Bas=低い

低い国、という意味です。

国民がやたらと腰が低い国なんです。
日本に勝ちを譲ってくれるかもしれません。

国土の大部分が海面下のこの国は
最高地点ですら、海抜320mほどなんだそうです。

そう、だからオランダの選手は、高地は苦手かも!

と、思いきや、決戦の地ダーバンは、港町。
残念。


もっと残念なのは、フランス。
前回準優勝のこの国が、予選2試合を行って
1分け1敗。
しかも無得点。

決勝トーナメント進出が厳しくなってきました。
フランスにも頑張ってもらいたいんですけどね…。


catsu


  1. 2010/06/18(金) 23:53:30|
  2. どうでもいいこと

今日は気温が30度を超えて
真夏日になったんですね。

お昼の暑い時間に、
こともあろうに
走ってきました。

こともあろうに、
2時間近く走ってきました。

もちろん水を持ちながら走って
途中でちゃんと水分補給しました。

それでもやっぱり暑かった…。


それは当然なんですが、
今日は、珍しい光景を見ました。
カメラは持たずに走ったので
今日も決定的な写真はとれませんでしたが…。


新荒川大橋から、荒川を見下ろしたら、
そこには、大量の鯉が!

20匹ぐらいの群れが、
V字隊列を組みながら、
上流の方へと泳いでいます。

その群れが、ざっと見渡しただけでも5、6カ所。
ゆうに100匹以上はいたと思います。

あんなに大量に鯉を見たのは初めてです。
大地震か何かの前兆ですかね?
それとも単なる鯉の予感?



catsu

  1. 2010/06/17(木) 17:03:16|
  2. どうでもいいこと

落とす神あれば…

拾う神あり。


というわけで報告します。
僕の失態を報告いたします。



一昨日、財布を落としました。
外出先で無いことに気づいたのですが
勝手に部屋に忘れたことにして
平静を保っていました。

夜、家に帰ってすぐに探すでもなく、
まずは一服して、それからふと
「そうだ、財布どこにおいたかな?」


いつも置くようなところを探してみました。

「ない。」


前日の行動パターンまでさかのぼり
服、カバンを見てみましたが、
「ない!」

もしかしたら、何かのはずみで
紛れてしまったかもしれないと思って、
流し台の下、ゴミ箱の中まで探してみました。

「やっぱりない!!」


ここでやっと焦りが現実味を帯びて
恐怖感とともに僕に襲いかかってきました。

そして狼狽えること1分。

一つの、何とも当然な答えにたどり着きました。

「…落とした!?」


そうです、きっと間違いなく落としたのです。
もうそれ以外の可能性はほぼ皆無なのです。
現金の他にクレジットカード、キャッシュカード、
免許証、保険証、ダイビングのライセンス…

などを入れた財布をそっくりそのまま落としてしまったのです。


でも、どこで…?

どこだろう?


それが分かれば、その場で拾ってます。



財布を落としたであろう場面を
いくつか想像しながら、
とりあえずまずは警察に電話してみることにしました。

現金だけ抜かれて、財布が捨てられている可能性も高いので、
その後、駅までの道筋にある植え込みの中などを
探してみようと思っていました。 


まずは電話です。
「今日財布を落としたかもしれない倉井です。」

「くらい…、かつゆきさんですか?」


ん?何か反応が早い。


「はい、届いています」


僕は耳を疑った。
届いてるって!?

右の頬をつねってみる。
痛くない!


夢か…。



いや、そうではない。

つねる力が弱かったのだ。
知らず知らずのうちに手加減をしていたらしい。

そんなことはどうでもいい。
とにかくこれは夢ではないようだ。


いや、待てよ。
夢ではないにせよ何かの間違いかもしれない。
きっとそうだ。
ここでぬか喜びしてしまったら、
後々ショックから立ち上がれなくなるかもしれない…。


細心の注意を払い
まずは財布の特徴、中身を告げる。


でもどうやら間違いじゃないらしい。
しかも全く無傷の状態で届いているようだ。


「赤羽駅近くの路上に落ちていたとのことです。」

「どなたが届けてくださったのですか?」

「お礼も何も結構です。と、名前も何も告げずに帰られたようです」




これが一部始終です。
こんなことが起こっていいんでしょうか?

こんな親切な人にお礼の一つもできないのが、
何とも申し訳ないです。
どうもありがとうございます。


このお気持ちに応えるべく、
これから僕も善行を重ねて行きたいと思います。


catsu
  1. 2010/06/16(水) 10:06:14|
  2. どうでもいいこと

グロリオーサリリー

というらしいです。
昨日の一輪。

何人かの方からメールをいただきました。

意外に、っていったら失礼ですけど、
皆さんお花博士ですね~。


昨日梅雨入りした関東地方ですが、
今日はあっついですね。

昨日は雨の中走った僕ですが、
今日は照りつける日差しの中を走ってきました。

そしたらこんな落し物が…。


と、ここで写真を見せられれば良かったんですが、
あいにくカメラを持ってなかったので撮れませんでした。


で、何があったかというと、

ブラジャー、です。

鹿浜橋の上に女性用下着が…。


なぜこんなところにこんなものが?


橋、ブリッジ、ブリッジャー、ブラジャー。


まあそんなところでしょうか。



ちなみに、それを拾って持って帰ったりはしてません。
僕の名誉のために断っておきます。笑


catsu
  1. 2010/06/15(火) 14:17:26|
  2. どうでもいいこと
次のページ