音楽catsuどう?

catsuのブログです。暇つぶしのお役に立てれば・・・。ライブ情報なんかもこちらから発信しますので、たまにチェックを

ライブのご案内

今日は9月30日。


なぜか、31日があると思っていた僕。

いまさっき、手帳をみて31日がないことを再確認しました。



ということは、明日は10月1日。
つまり、毎月恒例のエビシャン(恵比寿deシャンソン)の日ではないですか!!
恵比寿駅西口徒歩2分、Art Cafe Friendsで18時開場、19時半開演です。
入場は3000円とワンドリンク500円です。

明日は、このメンバーでお届けします。
山越愛子さん、花木さち子さん、摩里紗さん、
コーディネーターの唯文さん そして僕です。

そしてそして、次の日
10月2日もライブがあるんです。その名も、
Capriccio Live Vol.10~なんだかんだと10回目~
場所はエレクトーンシティ渋谷で、18時半開場、19時開演、入場は3000円です。
嶋本さん、あみさん、よしあき、他エレクトーン、パーカッションの方とも共演します。

今からでもまだ若干席はありますので、
当日の飛び込みも大歓迎です。
ぜひ遊びに来てください。


今から2日のリハーサルです。


catsu
スポンサーサイト
  1. 2008/09/30(火) 13:32:41|
  2. ライブ情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

100キロマラソン

参加してきました。


結果は、


完走!!


し、しかも密かに目標としていた
「サブテン(10時間を切ること)」
も同時に達成してしまいました。


記録は僕の手元の時計でですが、


9時間18分30秒


自分でもびっくりな結果です。




スタートは午前五時。
気温は5度。
半袖では明らかに寒い。

先週、神戸で31度だったのが嘘みたいな寒さだ。

1500人のランナーが一斉にスタートを切る。
一斉にとは行っても、だいぶ縦に長くなってるから
スタートゲートを通過するまでにちょうど1分かかった。

最初の10キロの通過はちょうど1時間。
抑えに抑えて入った。

20キロの通過は1時間56分。

このあたりから雨が降り出した。
結局80キロ地点ぐらいまで雨が
降ったりやんだりの天気だった。

「何でこんな雨の中、遠く秋田の地まで来て、
俺は一人で走っているんだろう・・・?」

そんな思いが何度と脳裏をよぎった。

でも、4~5キロごとにある、
エードステーション(休憩所)の皆さんや、
沿道で声をかけてくださるみなさんの応援に
僕は力をもらって走り続けた。

30キロの通過は2時間53分。

35キロ過ぎから急激なのぼりに入る。

スタートからの標高差500m。
一気に駆け上る。

上りは膝に対する衝撃が少ないので、
僕はピッチを上げて飛ばした。

40キロの通過は3時間47分。

フルマラソンと同じ距離の
42.195キロの通過がちょうど4時間だった。

そしてここから50キロ地点までは
今まで上ってきた分を駆け下りる。
調子に乗って飛ばすと、膝にものすごいダメージが
くることを知っていたから、なるべく飛び跳ねないように
注意しながら走った。

50キロの通過は4時間38分。
中間点ということもあって、ひときわ大きな声援を受ける。
あと、半分。
まだ、半分。
複雑な気持ちで、後半戦に挑む。

60キロ地点の前後から雨がかなり本格的になる。
寒いとは思わなかったが、でもおなかが冷えるのだけが
怖かった。

60キロの通過は5時間27分。

70キロの通過は6時間20分。

このあたりで僕は10時間を切れることを確信した。
しかし、今思えばこの中盤で飛ばしすぎた。
もうちょっと抑えていれば、ラスト20キロでもうちょっとがんばれたのかも。

このままいけば間違いなく10時間は余裕で切れる、とは
思ったものの、「このままいく」というのがそう簡単なことでは
ないことをすぐに思い知らされる。

身体のいたる箇所が疲労に耐え切れず悲鳴をあげ始めたのだ。


筋肉ならまだいい。
でも、関節や筋がやられ始めると、
士気にもだいぶ影響がでてくる。

エードステーションで止まるごとに、
エアーサロンパスをかけて、あとは
ひたすら痛みをごまかしながら走った。

案外、痛みというのは忘れられるものなのだ
ということを僕は身をもって学んだ。

もうこれ以上ペースをあげる事は無理だと悟った僕は、
残り20キロを、10キロ1時間のペースで持ちこたえる作戦に変更した。

80キロの通過は7時間15分。

90キロの通過は8時間17分。


もう足の自由は完全に失った。
エードステーションで飲食物を補給している間も
まともに直立していられない。

最後10キロは、あとは気力だけで走った。

なんともいえない境地だった。

普段何気なく走っている10キロという距離。
こんなに苦しんで走るのはもちろんはじめてだった。
だからこそ、最後ぐらいは景色を楽しんで走ってやろうと思った。
もちろん楽しむ余裕なんてなかった。
でも、楽しんで走るふりだけでもしようと思った。

巨大な太鼓に迎えられて
僕はゴールテープを切った。
手元の時計で9時間18分30秒。


もうこんな苦しい思いはしたくない・・・。

少なくともここ1週間は。


来年ももちろんでます!
一緒に出ませんか?


いい思い出ができました。


秋田の皆さん、どうもありがとうございました。


catsu
  1. 2008/09/29(月) 10:45:02|
  2. どうでもいいこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

9月19日金曜日~つづき~

本当はもうひとつ書きたいニュースがあるんですが、
こっちがまだ続きだったので先に書きます。
(前回途中まで書いて、睡魔にやられて書き終わりませんでした)
9月19日の夜の続きです・・・


さいころゲームが始まったのが9時ちょっと前。
夜行バスに乗る前に、寄りたいところがあったので
9時半過ぎには電車に乗ろうと思っていた。
それまではしっかりしていないといけない・・・。

しかし、僕の思いとは裏腹に、ゲームはどんどん盛り上がっていく。
敗者の賞品である、芋焼酎が加速度的にその水位を下げていく。
 
「やばい、このままではやられる・・・」


時刻は9時半を回っていた。
足元がおぼつかない。

ともあれ、会計をすませ、
千鳥足で駅に向かう。
改札を入ったところで、みんなとお別れをして
僕は東京駅を目指す。

しかし、この日僕は思わぬ浦島太郎体験をすることとなった。

目が覚めたとき、時刻は11時40分。
僕はまだ中央線の車内にいた。
確認のため言うが、バスの時間は
東京駅発10時50分。

どれだけの時間僕は電車に乗っていたのだろうか?

何が起きているのかよくわからなかったが、
僕はとりあえずあわてて電車を降りる。

あ、荷物がない!!

さっきまで確かに持っていたはずの、
オレンジ色のキャリーケースと、茶色のハンガーケースが
消えていた。
龍宮城にでも置いてきたのだろうか?

全身の血の気が引いていくのがわかる。
コンサートでつかう衣装がまるまる入っているのだ。

どうしよう?


どうしようも何もない。
駅員に話して落し物がないかしらべてもらったが
でてこない。
「また明日の朝出直してください。」

困った。
明日の朝まで待たなきゃいけない。
カラオケで朝を迎えようと思って
ふらふらとお店を探す。
なかなかカラオケは見つからず、
折りしも大粒の雨が降ってきた。

「10時間 2000円」

この看板にひかれて行ってみると
そこはカラオケではなく(ちょっといかがわしい)
個室ビデオ鑑賞のお店。
多少抵抗もあったが、背に腹は帰られなかったので
ここに決めた。

意外に室内は快適で、リクライニングシートは
ビジネスクラス並み。(あ、僕はもちろんエコノミー専門ですが)
携帯を充電して、アラームをセットし、
僕自身もしばし充電。

この非常事態だというのに、
熟睡できてしまう自分の才能には驚いた。

駅の事務室が7時から、と聞いたので、
6時半に起きて、駅に向かう。
いい知らせが届いているかな、と期待しながら。

その期待は見事に裏切られる。
何度確認しても、やっぱりでてこないというのだ。

ここでもたもたしていたら1時からのリハーサルに
遅れてしまう。仕方がないので、僕は泣く泣く新幹線の
切符を買って、後ろ髪ひかれる思いで、のぞみに乗り込んだ。

仕事に行くのに、衣装がない・・・。
これはまるで、テニスの試合に行くのに
ラケットを忘れるようなものだ。
(あ、これは高校時代の話・・・。事実です)

衣装は、神戸についてからまた買い揃える
ことになるけど、これは高いレッスン料として
甘んじて受け止めよう。

でも、もしギターも一緒になくしていたら
僕はきっと再起不能になっていただろう。
今回、ギターだけは肌身離さずもっていたことに
自分で自分をほめてあげようと思った。
(決してほめられることじゃないのは承知だが・・・)

車内から、何度かダメもとで落し物センターに連絡してみる。
すると、名古屋の手前で奇跡が起こった。

「今朝、中野駅で見つかりました。」

僕の荷物は2つとも無事だったのだ。

世の中捨てたもんじゃない。
僕は神様、仏様、あらゆるものに
感謝の気持ちでいっぱいになった。


その後、荷物は着払いで
神戸の会場に送ってもらい、
何とか本番までには間に合った。


多くの方に迷惑と心配とを
おかけしたが、何とか笑い話で終わることが
できてよかった。


反省・・・。



だけなら猿でもできる。


でも、心から反省。


catsu




  1. 2008/09/29(月) 09:26:40|
  2. どうでもいいこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

9月19日金曜日

その日は中野で飲み会があった。

4年前、中国に留学していたときのクラスメートが
日本に来るというので、在東京組で集まって飲むことになった。

しかし、神戸でのコンサートを2日後に控えた僕は、
今回はあまり無茶するわけにはいかない。
もちろん、それはよくわかっている。
大阪行きの夜行バスの時間は10時50分・・・。


6時45分に中野駅に集合して、7時前には予定通りに乾杯!
久しぶりの再会にテンションは上がる。
飲むスピードも上がる。

そして宴もたけなわ、
登場してきたアイテムは、サイコロ。

いままでこのサイコロでいったい何人の人が
記憶と、面子を失ってきたことか・・・。


続く・・・。
  1. 2008/09/27(土) 00:26:23|
  2. どうでもいいこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

神戸に行ってきました

ご無沙汰してます。

日曜日に、神戸で過去のシャンソンコンクールの入賞者たちによる
Concert de jeunces chanteurs 3 というコンサートに呼んでいただいたので
歌ってきました。

このコンサートの主催は、現在神戸で活躍されていて、
パリ祭でもご一緒させていただいた風かおるさんです。

コンクールの先輩方と一緒に歌うことができて、
とても楽しかったです。



ただ、問題はコンサートまでの道のりでした。
とんでもない事件が起こりました。
ほんとはこんな赤っ恥はさらけ出したくはないのですが、
黙っていてもばれるのでちゃんと報告します。

と思ったのですが、今からちょっと出かけるので、
帰ってきたらまた続きを書きます。


神戸文化ホールにお越しいただいたみなさん、
どうもありがとうございました!


catsu
  1. 2008/09/25(木) 09:57:44|
  2. 音楽catsuどう?
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

岩井ハーフマラソン

11月30日のつくばマラソンの調整の一環として
その2週間前に岩井ハーフマラソンに出ることにしました。

普段から18kmぐらいは走っているので
距離に対する不安はまったくと言っていいほど
ありませんが、あとはどれだけスピードを
上げられるか・・・。そこですね。

前回は2006年の初ハーフマラソンで
タイムは確か1時間28分ぐらいでした。

もちろんそれ以上のタイムを狙います。


早速ネットで申し込んで、
クレジットで決済までしてしまいました。


あ、もう2時半だ。


寝ます。


catsu
  1. 2008/09/18(木) 02:29:49|
  2. どうでもいいこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

神戸日帰り

神戸日帰りしてきました。
そしていとこの結婚式に出席してきました。

新幹線ってすごいですね。
改めてその速さを実感しました。


結婚式っていいですね。
幸せな門出の場面に立ち会える、
それだけでこちらも幸せな気分になります。

帰りの新幹線は神戸からずっと
親父は寝てました。

あれだけ飲めばそりゃそうですよね・・・。


お二人の幸せを祈ります。


catsu
  1. 2008/09/16(火) 00:32:58|
  2. どうでもいいこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

虎視眈眈

と背中にプリントされたTシャツを
小柄な中学生の男の子が着て歩いていた。

下は学校のハーフパンツだったから
おそらく部活のTシャツなんだろう。

背中の言葉は、顧問の先生の座右の銘といったところだろう。


追い抜きざまにその文字の下あたりを、

とん、とん、

って叩いたら面白いかなと思った。


腰、とん、とん


虎視眈眈。


さて、いまから神戸までいとこの結婚式に行ってきます!!
3連休の最終日、みなさんよい一日を


catsu
  1. 2008/09/15(月) 08:13:56|
  2. 今日のひとこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

思い出

昨日僕はメンチカツを食べた。

別に、カツとcatsuをかけているわけではない。

だけど昨日食べたそのメンチカツはあまりおいしくはなかった。


そこでふと、こないだ食べた別のメンチカツを思い出した。
あのメンチカツはおいしかった。肉厚でジューシーで、
そしてほかほかだった。


あんまりおいしくないメンチカツのおかげで
おいしいメンチカツの記憶がふっとよみがえった。
同時に、その日の天気、町の様子、一緒に歩いたあの人のことも。



こんな風にして、なんかの拍子にふっと
記憶というものはよみがえるものなんだなと思った。
そのきっかけは、写真であったり、思い出の品であったり
人であったり、そして時にはメンチカツだったりするわけなんだなと。


そういえば歌もそうだな・・・。


佐原のライブより

0907佐原
雪州流の生け花



0907佐原2
小此木さんの作品(「着るもの展」より)




catsu
  1. 2008/09/12(金) 12:34:21|
  2. どうでもいいこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

その先が気になるから

先週のCoolTrainでのライブの中でも発表しましたが、
今月28日に秋田で100kmマラソンに参加してきます。

なんで100kmも?


とよく聞かれましたが、
僕もよくわかりません。
ただ、あえていうなら、


その先が気になるから・・・。


だと思います。



今までに、ハーフマラソン1回と、フルマラソン2回、
完走しましたが、42キロのその先がどんなものなのか
僕は知りません。
フルマラソンだけでも大変なのに、100kmといったら
その約2.5倍。
今までに僕が走ったことのある
ハーフマラソン1回とフルマラソン2回分に相当します。

考えると足がすくみそうですが、
怖いもの見たさでチャレンジしてみます。
チャレンジするからには制限時間の13時間以内に
完走してみせるつもりです。
  1. 2008/09/09(火) 17:30:58|
  2. どうでもいいこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ