音楽catsuどう?

catsuのブログです。暇つぶしのお役に立てれば・・・。ライブ情報なんかもこちらから発信しますので、たまにチェックを

ジェシカが庭でゲップした?

最近僕がはまっていることの一つに、
にんじんサラダ、があります。


にんじんって結構ちゃんと火を通すのが難しくて、
煮ても焼いても、何度も半生状態で食べた苦い経験があります。

だったら生で食ってやれ、ということで、
にんじんスティックにも挑戦しましたが、
この食べ方はそれほど好きにはなれませんでした。


で、最近、
いや、もう結構日が経ちますが、
千切りにしたにんじんのサラダと出会いました。
それはもう、僕にとっては
運命的な出会いと言っても過言ではないでしょう。

もちろんその存在はずっと知ってはいました。
でも、今まではにんじんサラダに恋に落ちることはありませんでした。
やはり人には出会いの時期というのが大事なのでしょう。

このにんじんサラダ、
千切りのにんじんが、
あたかもラーメンの麺とスープとの関係のように、
ドレッシングとうまく絡み合ってくれるんです。
僕は基本的にドレッシングは自分で作っていますが、
だいたいどんなドレッシングともマッチしてくれます。
多少僕が分量を間違っても、その失敗分まで
見事に補ってくれるような気さえします。

いろんな野菜、シーチキン、豆腐、納豆、などを入れて
一緒に食べてます。
僕のイチオシは、納豆です。
大粒、小粒、ひき割り、黒豆、
いろんな納豆を日替わりで楽しんでます。

にんじんサラダと納豆のマリアージュ・・・


騙されたと思って一度試してみてください。
後でわかりますから。

騙されたってことが・・・。



いや、嘘です!
ほんとに僕は美味いと思ってます。


普通のサイズのにんじんを丸ごと一本
擦り下ろして千切りにすると、まあ結構なボリュームになりますが
でも意外にキャロッと食べられてしまうものです。

あ、キャロッとじゃなくて、ペロッと、でした。
まあ、どちらでもいいか。笑



で、ここからがフランス語講座なんですが、


「庭に6本のにんじんがある」

をフランス語にすると、


J'ai six catottes dans mon jardin.


となり、これを音だけ拾うと、


Jessica rote dans mon jardin.


となり、

「ジェシカが庭でゲップする」


となるのです。



なるほどなるほど。


catsu
スポンサーサイト
  1. 2012/03/06(火) 00:55:30|
  2. フランス語講座

モナ=リザ

パリのルーヴル美術館で、最も人気のある作品の一つだと思います。

でも、この絵のフランス語の題名は


La Joconde(ラ・ジョコンドゥ)


っていいます。



へぇ~~~。



catsu
  1. 2011/06/06(月) 07:36:50|
  2. フランス語講座

Poisson d'Avril

さすがに今年は自粛ムードだったのでしょうか?


今日は、エイプリル・フールでしたね。
何か素敵な嘘をつきましたか?


僕は何もいたずらはしませんでした。


あ、今言ったことが、嘘。

とか、そういうオチでもありません。




昔、BBCテレビかどこかの番組のニュースで、
レポーターがが真顔で、

「今日は、スパゲッティの木が満開です」

と、クリスマスツリーの飾りのごとく、
スパゲッティをぶら下げた木の前でレポートしてました。



エイプリル・フールのことをフランス語では
Poisson d'Avril(ポワッソン・ダヴリル)といいます。

意味は”4月の魚”。
なんでこれがエイプリル・フールの意味で使われるのか・・・。


それを紹介しているひとを見つけたので
リンクを張っておきます。

http://www.alorsbordeaux.info/2007/04/poisson-davril.html


catsu
  1. 2011/04/01(金) 18:00:54|
  2. フランス語講座

新幹線版ファーストクラス

去る3月5日、

東京~新青森間で運転を開始した
東北新幹線新型車両E5型「はやぶさ」


普通車、グリーン車に加えて、さらにその上に

グランクラス

という新幹線版ファーストクラスがあるといいます。



僕はこのネーミングにちょっと異議ありです。


クラス、をフランス語にすると
classe(クラス)

フランス語の名詞には、男性名詞と女性名詞がありますが、
classe、は女性名詞です。

このclasse、に「偉大な、立派な」という意味の形容詞
grand(グラン)を付けるときは、この形容詞も
女性形にしなくてはいけないという決まりがあります。

この場合、grand、の後に、e、を付けて
grande(グランドゥ)とします。

二つをつなげると、

grande classe


となり、あえて、日本語で読み仮名をふるなら

グランドクラス

とするべきでしょう。



逆に、グランドピアノは、


piano、は男性名詞なので、

grand piano

グランピアノ

というのが正しいのだと思います。



ま、いっか・・・。


catsu



  1. 2011/03/10(木) 09:51:01|
  2. フランス語講座

フランスの今の音楽を聴くならこれ

Ma French Musique
(↑クリック)

僕がいつも聴いているラジオ局です。
トークやCMも少なく、ずっとフランスの音楽のみが流れてます。


さあさ、一緒に聴きましょう。

Ma French Musique!(マ・フレンチ・ミューズィック)


※Frenchは英語です。


あ、わかってましたか。
失礼しました。


歌を聴いて許してください。


catsu
  1. 2011/02/18(金) 01:53:11|
  2. フランス語講座
次のページ