音楽CATSUどう?

CATSUのブログです。暇つぶしのお役に立てれば・・・。ライブ情報なんかもこちらから発信しますので、たまにチェックを

本日東京マラソン

昨夜はモミュライブでした。
広島から上京中のマスター徹さんのご両親もかけつけてくださりました。
次回のモミュライブは、4月21日(土)、20時~です。

そして今日は、東京マラソン。
新日本記録が誕生しましたね。設楽選手、素晴らしい!

僕は、東京マラソンに出られなかった悔しさを胸に。早起きして、50km走ってきました。

寝不足もあり、多少きつかったですけど、走り終えて、すっきりしました。
東京マラソンを走れなかった悔しさも、だいぶ忘れることができました。

それにしても、なんで僕は東京マラソン当選しなかったんだろう・・・


・・・そうだ、申し込みしてなかったんだっけ。笑

明後日はエビシャンです!
ゲストの水谷さんのほかは男祭りです。
4名の歌い手、2名のミュージシャン、皆男です。

そんな会もたまにはよろしいんじゃないでしょうか?
ご来場お待ちしてます。

えびしゃん



CATSU
スポンサーサイト
  1. 2018/02/25(日) 17:47:23|
  2. 歌うアスリート

腹巻

をしてるにも関わらず、
腹をくだすこと多々あり。

確かに木綿の腹巻は、肌触りや、吸水性(吸汗性)には優れているものの、
多少なり、風や冷気を通してしまいますね。

僕はなぜか、冷えに対するお腹の耐性が弱いみたいなので
いつも悩まされてきました。

逆に、冷え以外に対しては結構な抵抗力をもっていると自負してます。
以前、使い忘れて1~2か月冷蔵庫に放置されていた生クリームを発見したとき、
すでに液体の面影はなく、紙パックを振っても、チャプチャプという音はせず、
完全に固形化していたものの、恐る恐る口に運んでみたところ、
なんと、フロマージュ・ブランのような食感と味がするではないですか!!?
ぜんぶペロッと平らげても、お腹には何のダメージもなかったのでした。

で、話をもとに戻すと、

腹巻を折り返したその間に、ビニル袋とかラップとか、
その様な風を通さないようなものをはさむと、より効果的なのです、
ということを発見したので言いたかっただけなのでした。


CATSU



  1. 2018/02/24(土) 00:33:20|
  2. 歌うアスリート

どうした?GPS!

日付が変わったので、明日、土曜日は、
渋谷のカフェ・ド・モミュで定例ライブを行います。
10人入れば満員の感じが得られるそんな場所です。

もう、何年になるのかな?

相変わらず、日高さんは元気です。

3月11日には恒例のパーティーもありますし。


とりあえあず、明日は善彬とマスターの徹さんと3人で
がんばります。



そういえば昨夜、川沿いに10kmちょっと走ったんですが、
走り始めの最初の40分ほど、GPSウォッチが全然反応してくれませんでした。
こんなのは初めてでした。

UFOの集会でもあったんですかね?

CATSU
  1. 2018/02/23(金) 07:38:37|
  2. 歌うアスリート

第14回川の道フットレース日本横断ステージ520km 完走予定記念ライブ(仮)

まだ先の話ですが、昨年に引き続き、ゴールデンウィークは葛西臨海公園から、新潟市のホンマ健康ランドまで520km旅してきます。走って。昨年は初参加だったのですが、無事完走でき、半年後の11月には、完走記念ライブも行うことができました。せっかく今年も川の道フットレースに参加するのだから、完走記念(予定)ライブもやってしまおう!ということで、会場とメンバーを押さえました。11月3日(土)昼・夜2回、代々木の森、リブロホールです。チラシができたらまた報告します。

川の道フットレースとはなんぞや、というかたが大半だと思いますので、ここにパンフレットを載せてみます。






7月には第56回パリ祭も行われます。無事、今年も呼んでいただきました。詳細はまだ聞いていませんが、日程は以下の通りです。

7月
7日(土)・8日(日) 東京パリ祭(@NHKホール)
11日(水) 小田原パリ祭
15日(日) 岡山パリ祭
16日(月・祝) せとだパリ祭
19日(木) 名古屋パリ祭
21日(土) 金沢パリ祭(昼・夜)

チケットの発売までまだ少し日にちがありますが、スケジュール押さえていただければ光栄です。

今年はどんなパリ祭になるのか?
僕も楽しみです。


CATSU
  1. 2018/01/28(日) 13:52:10|
  2. 歌うアスリート

第4回沖縄サバイバルラン400km 回想記 結

今日は18時から内幸町ホールで、ニューイヤーコンサートに出演してまいります。昼からリハーサルなので、とりあえず今から気合を入れに河川敷を走って来ます。23日(火)は19時30分~、恵比寿のアートカフェ・フレンズにて、恵比寿でシャンソン、エビシャンがありますのでよろしければ。

では、回想記。今回で終わります。


小波蔵の交差点から喜屋武岬まで、看板では3kmとなっているが実際にはもう少し長い。さらに道が暗く入り組んでいるので、なかなかすんなり往復するのは難しい。プラスアルファの余裕を持って喜屋武岬には行くようにしたいものだ。小波蔵の交差点を通過したのが20時40分頃。残り21kmで3時間以上貯金ができていた。途中、前を走っていたUさんとすれ違う。喜屋武岬の灯台の光が、眩いばかりに目には飛び込んでくるものの、なかなか近づいてこない。道が間違っているんじゃないか。せっかく作った貯金をロス島ってしているんじゃないかという不安が焦りとなる。真っ暗な闇の中を、ただその光を頼りに走っていく。大海原を漂流者している気分だ。やっとの思いで喜屋武岬にたどり着く。21時を少し回ったところ。あとはもうゴールまではほぼまっすぐ辿るだけだ。時速6~6,5kmぐらいをキープできればサブ60hが達成できる。ここで確信に変わった。最後は少し余裕を持って、ウィニングランの気持ちでいける。小波蔵の交差点を左折して、1kmほどで国道331号線に合流する。ここからは歩道の広い走りやすい区間だ。途中、大橋の歩道の入り口が分かりづらい所がある。橋の真下、道路の中央にある。左側の歩道を走り続けていると通り過ぎてしまうので要注意だ。こんな感じで橋のアップダウンがいくつかあるが他は比較的走りやすい。残り約7km地点の道の駅豊里にも例年最後のエイドポイントが出ている。この日も0時近くだったにも関わらずSさんが出迎えてくれた。手厚いサポートに対する感謝を告げて、とうとう沖縄サバイバル400km最終局面へ。ここまで数10時間旅路を共にしてきたお猿のSさんと、今回の旅を振り返る。そこまで暑くなかったのがよかったとか、序盤に無理しなかったのがよかったとか、食べ続けることができたのがよかったとか、大きなことから小さなことまで、さまざまな局面が走馬灯のようによみがえってくる。いやいや、走馬灯じゃない、死なないんだ。サバイバルを無事に生き抜いたんだ!たくさんあったはずの困難も、すべて水に流して、すがすがしい気持ちで最後の数kmを進む。不思議と今回は涙は出てこなかった。それはSさんも同じようだった。過去2回と比べたら楽にこられたからだろうか?経験値のおかげでトラブルも未然に防げたし、しなくてもいい苦労はしなくて済んだのも確かだ。だからと言って、12時間近くも早く完走できそうだというのに、嬉し涙もでないというのはどういったことだろう。1つ上のレベルに到達したということだろうか?更なる達成感を得るためには、さらなる過酷なレースに出なくてはいけないということだろうか?こうやって、中毒症状はどんどん進行していくのだろう。周りを見回しても、そんなことばっかりしている人たちだらけだ。Sさん含め。59時間55分で4位でフィニッシュ。優勝、3連覇を大会新記録で飾ったMさん、川の道レジェンドのUさん、そしてお猿のSさんに続いて。上出来すぎる結果だ。これで来年のシード権もゲットできた。やっと終わったというのに、早くも来年戻ってくることを考えている自分には呆れてものも言えない。支えていただいたスタッフの皆さんへの感謝、一緒に走ったランナーの皆さんに敬意を表し、今回の回想記の結びとしようと思う。



沖サバ完走証2017

汗と涙の完走証&次回出場権切符。
早くももう10か月後ですね。笑


CATSU
  1. 2018/01/19(金) 08:23:15|
  2. 歌うアスリート
次のページ

FC2Ad